あかつきといっしょに打ち上げられた4つの小型衛星

2010.05.21

金星探査機「あかつき」
 
UNITEC-1だって金星を目指しますよー。

今回H-IIAロケット17号機に搭載された
宇宙機は全部で6つ。
 
あかつき、イカロス以外には
4つの超小型人工衛星があいのりしています。
ざっくりどうぞ。
 
 
深宇宙衛星「UNITEC-1」
深宇宙衛星「UNITEC-1」
地球重力圏を離れて、金星に向かって運行する
世界初の大学開発の深宇宙衛星。愛称は「しんえん」。
 
東京理科大学、北海道工業大学、高知工科大学、
東北大学、電気通信大学、慶應義塾大学ら
6大学による宇宙用コンピューターの耐久競争や
微弱な電波を受信・解読する実験を行います。
(UNITEC-1)
 
 
超小型人工衛星「WASEDA-SAT2」
超小型人工衛星「WASEDA-SAT2」
光学的な衛星間のデータ通信の基礎実験を
QRコードなどを使って検証します。
(早稲田大学 Waseda Satellite Project)
 
 
大気水蒸気観測衛星「KSAT」
大気水蒸気観測衛星「KSAT」
上空の水蒸気の分布を解析して集中豪雨や
雷雲の発生予測に役立てます。愛称は「ハヤト」。
(鹿児島人工衛星開発部会)
 
 
超小型人工衛星「Negai☆″」
超小型人工衛星「Negai☆″」
地球の画像を撮影、送信を通して、
宇宙放射線に強い情報処理システムの検証をします。
(Negai☆″ 創価大学工学部情報システム工学科 黒木研究室)
 
 
UNITEC-1以外は10センチ四方の小さな小さな人工衛星。
数週間から2ヶ月でその役目を終え、
大気圏に突入して燃え尽きる予定です。

関連してるかもしれない記事

Pocket