僕らはきっと便利になって少し不幸になった

2010.06.01

ポラロイドSX-70
 
すべては等価交換なのかもしれませんね。

デジカメになって、シャッターを切るのが無料になって
気がつけば毎日何十回とシャッターを切っています。
 
カメラを向けて、細かいことは気にせず
とりあえずカシャリ。
 
そして、いつでも見れるその写真は
年間1万枚とかとんでもない数になっていて。。。
それを見直すだけで何日かかるのか分かりません。
 
昔、フィルムだったころにはもっともっと
気を使ってシャッターを切ってたし、
現像した写真はもっと大事だったなぁ。
ポラロイドなんか1枚100円とかだったし。。。
 
 
気がつけばこれに似たようなことはたくさんあって
Googleでちょこちょこっと検索しちゃうから
いろんなことを考えなくなったり、
いろんな写真を見て、その場所に行った気になったり。。
 
 
簡単にできる。便利にできる。無料でできる。
そんなことがその行動と真剣に向き合う
機会や覚悟を奪ってるのだとしたら、
それは実はちょっと不幸なんじゃないかな。
そう思うのです。

関連してるかもしれない記事

Pocket