戸次重幸×片桐仁の「宇宙犬作戦」が楽しみすぎる

2010.07.01

宇宙犬作戦
 
きっとくだらないんだろうなぁ(笑)

この夏にはじまるドラマで一番気になっているのが
テレビ東京系で放送される「宇宙犬作戦」

戸次重幸×片桐仁というのはちょっと
ザ・クイズショウを彷彿とさせるキャスティングだけど
今回のはSF、しかもコメディ。
 
元々はどちらもそっちのほうがうまいわけで

「監督はどうしてNG出さないんだろう‥‥?」
罪悪感すら感じる程に、やりたい放題やらせてもらえてます!!
(戸次式10.06.28)

とノリノリで楽しんでいるようです。
 
 
物語の舞台は25××(バツバツ)年という遥か未来。

銀河の果てに浮かぶ惑星プードルから始まる。さまざまな問題によって社会が荒廃しきっていた事態を重く見た惑星プードルの「美しすぎる大統領」は、太古の昔に地球からたどりついたという宇宙船「デンエンチョウフ号」を、再び地球へ旅立たせようと計画する…

デンエンチョウフ号に残された航海日誌の最後のページ。そこには、地球の言葉でたぶん『犬』を表すっぽい単語が書かれていた――。日誌の封印をとくためには、地球人が残した不思議な球体オーブを集めなければならない。……全宇宙人類の命運をかけて、彼らが挑む作戦。それが……『宇宙犬作戦』なのである!
(テレビ東京公式ホームページより)

 
YouTubeにアップされた記者会見を見た感じだと
宇宙船の内部(とは見えない)のセットに、
毎回宇宙人が転送されてきて、てんやわんわの大騒動が
巻き起こる感じみたいですよ。
 
宇宙犬作戦
 
 
主なキャスト
戸次重幸(マルコ・ハヤシ)
 元宇宙海賊地球人の末裔の荒くれ操縦士
片桐仁(モジャット・ユーグレノフィタ)
 植物系人で冷静沈着な船長
高梨臨(オハナ)
 人間にあこがれる怪力アンドロイド
檀れい(美しすぎる大統領)
 惑星プードル大統領
 
主なスタッフ
原案 須賀大観 
脚本 ますもとたくや、オークラ ほか
演出 三木康一郎、濱谷晃一ほか
 
 
それにしても予告編がひどい(笑)
宇宙犬作戦

バトルスターギャラクティカ、ターミネーターサラ・コナークロニクルズ。それらを遥かに下回るSFドラマが今、始まる。テレビ東京が投げやりに放つ、深夜連続スペースオペラ!
(YouTube 宇宙犬作戦より)

 
2010年7月9日より、無責任に放送開始だそうです。

関連してるかもしれない記事

Pocket