見ているページをTwitterに投稿する公式ブックマークレットをSafariにいれてみた

2010.08.25

Twitter公式ブックマークレット
 
設定はドラッグ&ドロップだけ。

Twitterから「Tweet Button」に続いて
ブラウザで見ているページを投稿する
公式ブックマークレットがリリースされました。
 
というわけで早速Safariに。
 
Safariへの入れ方は「Share Bookmarklet」ページの
下の方にある「Share on Twitter」を
Safariのブックマークバーにドラッグ&ドロップ。
Twitter公式ブックマークレット
 
これで完成です。
Twitter公式ブックマークレット
 
 
使う時は見ているWEBページを表示したまま
ブックマークバーの「Share on Twitter」ボタンを押します。
Twitter公式ブックマークレット
するとポップアップウィンドウが出てくるので
そこに言葉を追加したりして
Tweetボタンを押すとTwitterに投稿されるわけです。
 
 
特徴的なのは投稿時には短縮されたt.coアドレスなのに
Twitterのタイムライン上では
どのサイトか分かる程度に省略されて表示されること。
Twitter公式ブックマークレット
 
ステータスバーにはt.coアドレスが表示されてました。
Twitter公式ブックマークレット
 
短縮リンクだとクリックが心配になる時もあるけど
これだと安心感があっていい感じです。
 
他のブラウザでもほとんど同じ手順なのでお試しあれー。

関連してるかもしれない記事

Pocket