ホンダF1の売却が決定

2009.03.06

タイヤ
 
やっと決まりましたねぇ。

一時はアイルトン・セナの甥っ子のブルーノ・セナがブラジル石油資本をバックにF1参戦とか、ヴァージンが買収など様々な憶測が流れていましたが、このほど正式に決定。もともとのチームのトップ個人が買収するということになったようです。
 
ブラウンが元ホンダF1を100%買収。“ブラウンGP”としてバトンとバリチェロを起用

本田技研工業は、6日、リリースを発表、同社のF1チームをチームプリンシパルを務めていたロス・ブラウンに売却したことを発表した。株式は100%ブラウンに売却され、チームはブラウンGPフォーミュラワン・チームという名称で新たなスタートを切る。

 
 
ドライバーはジェンソン・バトンとルーベンス・バリチェロ、エンジンはメルセデス・ベンツになる予定です。

 
ora090306_31
http://brawngp.com/
 
公式サイトもオープン。初戦は3月29日メルボルン、アルバート・パーク・サーキットです。うーん、楽しみになってきました。

関連してるかもしれない記事

Pocket