ブラタモリ好きにはたまらない。明治から現在までが詰まったiPhoneアプリ「東京時層地図」

2010.10.27

東京時層地図
 
明治、大正、昭和が詰まった地図アプリです。

iPhoneを買って最初に入れたアプリの一つがこの「東京時層地図」という地図アプリ。
 
時が層のようになった地図という名前がまさにぴったりで、内蔵されている地図は、文明開化期(明治9-19年)、明治のおわり(明治39-42年)、関東地震直前(大正5年-10年)、昭和戦前期(昭和3年-11年)、高度成長前夜(昭和30年-35年)の全部で5つ。これと現在のGoogle Mapが連動して、同じ場所を層をめくるように過去へ遡ることが出来るようになっています。
 
例えば新宿西口付近だとこんな感じ。

東京時層地図
左:現代 右:昭和30年-35年
 
東京時層地図
左:昭和3年-11年 右:大正5年-10年
 
東京時層地図
左:明治39-42年 右:明治9-19年
 
 
ブラタモリでもやってましたがこのあたりは東京の水の要、淀橋浄水場があった場所。戦争中は攻撃されないように地図にはわざと公園のように表記していたなんていう歴史もあるそうで。。そんなのも地図から垣間見ることが出来ました。
 
この道はいつ頃からあった道なんだろうとか、へぇここは昔、用水路があったのかぁなんて地図を眺めながら散歩するのも楽しいですよ。

 
東京時層地図
東京時層地図

関連してるかもしれない記事

Pocket