土星の新しい月が発見されました

2009.03.09

ora090309_51
 
1997年に打ち上げられた「カッシーニ」現在、土星の新しい姿を次々と地球に届けてくれています。

 
土星の新しい「月」を発見、大きさ約500メートル

土星を周回する衛星、新しい「月」が見つかったと、3日付の国際天文学連合(IAU)回報で発表した。大きさが約500メートルと小さく、土星の輪に隠れていたため、見つからなかったという。
新たな衛星は、米航空宇宙局(NASA)の土星探査機「カッシーニ」が、昨年8月15日に初めて観測していた。土星の6番目の輪「G環」を横切る軌道と見られている。

 
 
7年かけて土星に接近した「カッシーニ」。2004年のメトネ、パレネ以降、何個もの月を発見しています。

それにしても土星の月は多いですねぇ。ざっと60個を超える月がいろんな方向でぐるぐると土星の周りを回っています。10本以上の環も周りにあるわけで、それぞれがぶつからないことが不思議でたまりません。

関連してるかもしれない記事

Pocket