無料で漫画がダウンロードできる「Jコミ」β版が公開

2010.11.26

Jコミ
 
「ラブひな」全14巻が無料でダウンロード可能です。

「魔法先生ネギま!」「ラブひな」などで人気の漫画家、赤松健が「Jコミ」というサービスを開始しています。
 
このサービス、無料で絶版漫画が読めてしまうという画期的な試みで、収益は広告から得る仕組み。
ブログ「(株)Jコミの中の人」にはネット広告のプロとのやりとりで、その収益の可能性が書かれていました。

赤松「広告を1回クリックしたら、何円くらい入るんですか?」
「この、表紙ページ隣の広告枠でしたら、仲介料を差し引いて、1クリック数十円くらいは行くと思います。」
赤松「え・・・?! すると、1クリック例えば30円として、冒頭ページの広告が5000クリックされたら?」
「上限はありますが、1クリック30円計算ですと、15万円になりますね。」
赤松「なっ・・・・じゃあ、他ページに広告枠が計6つあったら?」
「他のページは若干安くなって、合計70万円程度ではないでしょうか。もちろん、全枠で5000クリックされたと仮定した場合ですが・・・。」
((株)Jコミの中の人 10.11.13)

 
もう利益を生まない絶版漫画でも70万もの収益を生む可能性があるかもしれないと。。。
 
 
絶版漫画の権利はこんな仕組み。

絶版漫画は完全に作者のものなので出版社の権利を阻害しません。だいたいの場合は契約して3年から5年で出版契約が切れるんですね。その後は自動更新されていくんですけど、10年も経てば実際には全く刷らなくなり、事実上の絶版状態となります。
(CloseUp NetTube 赤松健インタビューより)

 
Jコミではこういった出版契約の切れた物に広告ページを追加して無料配信していこうということのようです。
 
配信は高解像度版(1170×827ピクセル)と軽量版(595×420ピクセル)の2種類。
サイト上のコミックビューワーで読むことも出来るようになっています。
 
 
Jコミβ公開 「ラブひな」
広告はこんな感じで1冊に1ページ単位の広告が6ページ。
実際に読んでみましたが、広告がうるさいと思うこともなくなかなか快適。でもこの広告をクリックしてその先のサイトを閲覧するかなぁと思うとちょっと微妙かも。。このあたりは広告の種類次第でしょうかねぇ。
 
2011年の初頭には正式公開を予定しているとのことなので、これからの展開に期待したいと思います。
 
 
そうそう「ラブひな」はまだAmazonで売ってましたよ。
ラブひなラブひな 第1巻

関連してるかもしれない記事

Pocket