速い!Mac OS Xの言語環境を英語で使うなら「Language Switcher」が便利

2010.11.29

Language Switcher
 
Mac OS Xの言語環境を英語にすると、ほんとにサクサク。

もう日本語には戻せないー。というわけでMac OS Xの言語環境を英語にして使いこなす方法をご紹介します。
 
 
まずはMac OS Xの言語環境を英語に
Mac OS Xの言語環境を英語
システム環境設定>言語とテキストで右側の「日本語」をドラッグして英語の下へ移動させます。右下の並び替えリストに使う順番は「Japanese」に。
 
これでMac OS Xの言語環境は英語に変更されました。
 
このままで使ってもいいのですが、問題がないわけではありません。例えばIllustrator(日本語版)では起動時にエラーが連発しますし、ソフトによっては文字化けするものがあったりしたり。。。
 
それを解消するときに便利なのが、このフリーソフト「Language Switcher」。
Language Switcher
Language Switcher
 
ダウンロードしたらソフトを立ち上げ、日本語環境で使いたいソフトを「Language Switcher」の「File」>「Add」で選択して追加します。

Language Switcher
Languageから「Japanese」を選び、そのあとで一番上の「Always open in this language」を選びます。
 
Language Switcher
Always open in Japanese?のアラートにOKと答えれば、設定完了です。
 
これで設定したソフトは日本語環境で使うことができるので、言語環境が問題のエラーからは開放されますよ。
 
Finder周りが英語なのはちょっと使ってれば慣れてしまうし、体感速度はかなり上がって大満足。
古いマシンで少しモッサリしてるかなぁと思っている人にもおすすめです。

関連してるかもしれない記事

Pocket