いなば播七の「みかん大福」を食べてみた

2010.12.19

いなば播七「みかん大福」
 
いちごじゃなくてみかんですよ!

自転車で時々前を通りかかる、いなば播七東京店。
 
いなば播七東京店
中野の住宅街に創業天明元年の看板がミスマッチな感じでちょっと気になっていたのですが、本日通りかかったところ和菓子を売っていて、その中にみかん大福なるものが。。。
 
工場特価で1個210円のところ150円。
 
買ってかえって真っ二つにしてみると。。
いなば播七「みかん大福」
白い大福の薄皮の下に白あん、そしてみかんがぎっちり。
食べてみると白あんに負けない甘いみかんがいい感じ。程良くジュージーで、ほんのり酸味も効いていて絶妙のハーモニーとはこのことですね。
 
娘(2歳11ヶ月)も1個まるごとペロリ。
 
 
ちなみにネットで調べたところ、「いなば播七」は大阪のお餅屋さんの老舗。

いなば播七は天明元年十一月、(西暦一七八一年) 初代播磨屋七兵衛が、浪速は堂島の地に大阪最初の餅屋を開業いたしました。
(いなば播七ホームページより)

 
今回の東京店での販売はあくまでも臨時で、定期的なものではなかったようです。
京王百貨店とか高島屋とかに出店してるみたいですが、ちゃんと聞きそびれてしまったので次にお店の前を通りかかったときは聞いてみたいと思います。
 
どこかで見かけたときはお試しあれー

関連してるかもしれない記事

Pocket