定額給付金詐欺にご用心

2009.03.13

国民生活センターが「定額給付金」の給付をよそおった振り込め詐欺等にご注意!![Link] というお知らせを発表しています。

 定額給付金の給付が開始される中、各地のセンターには「市役所職員を名乗る人から『定額給付金の手続きが終わっていない』と電話があり、携帯電話を持ってATMに行くように指示された」という振り込め詐欺と思われる相談や、「『定額給付金の給付のため口座番号を教えてほしい』と市役所職員と名乗る者から不審な電話がかかってきた」といった相談が寄せられている。この他、「定額給付金のハガキが届いていなければフリーダイヤルに電話するように」と電話を求める例もあり、個人情報を不正に入手しようとする手口と思われる。

 
国民生活センターによると「金銭をだまし取られたり、個人情報を悪用されたりした例は確認されていない」ということですが、その直前まで行った例はたくさん報告されてます。
 
 
「定額給付金」振り込め詐欺、23都道府県で75件

 定額給付金の支給申請をかたって現金自動預払機(ATM)に誘導するなど、振り込め詐欺が疑われる不審な電話が23都道府県警で75件確認されていることが12日、警察庁のまとめで分かった。
 警察庁によると、不審な電話があったのは北海道、宮城、東京、神奈川、愛知、京都、兵庫、鹿児島など。これまでに被害は出ていないが、電話を利用して定額給付金を口実に個人情報を聞き出したり、ATMから送金させようとしたという。中にはATMの前に誘導されて送金操作の完了寸前までいったケースもあった。
(産経新聞2009.03.12)

 
 
あわやというケースもあるんですねぇ。それにしても「もらえる」定額給付金を使って、逆にお金を送金させるというのは、どんな巧みな話術を駆使しているのやら。。お金を払わなければ大丈夫かというとそうでもなく、「給付金アンケート」と称して、家族構成や資産、外出の頻度なんかを聞き出すパターンもあり、その情報は別の詐欺グループや泥棒に渡ったりするので注意が必要です。
 
うーん、役所の職員だろうが、警察だろうが、まずは疑ってかからないといけないなんて、いやぁな時代になりましたねぇ。

関連してるかもしれない記事

Pocket