東日本大震災、東京で揺れたのはきっと僕らの未来

2011.03.18

東北関東大震災
 
東日本大震災から1週間がたちました。

スーパーには開店前からすごい行列。米がない、パンがない、レトルト食品がない、カップラーメンがない。ガソリンスタンドにはガソリンがない、灯油もない。
 
今の東京でなにが怖いかって、何を聞いても説明されても、テレビで官房長官が買いだめをやめようと訴えても分からない人がいることが怖い。思考停止して冷静に状況を理解しようとしない人が一定数いるというのが怖い。買い占める理由は足りないからでなく、なんとなく不安だから。そんな本能にも似た何かに突き動かされた行動が怖い。
 
 
今日も揺れた。明日も揺れるかもしれない。
 
そんな毎日の中で訪れる空っぽのスーパーはとても異様。見ているだけで不安になる。分かってる。日本には食べ物がいっぱいあるし、海外からの支援だってある。放射能はマイクロシーベルトのレベルで、健康がどうのとか言うレベルじゃない。食べ物は一時的にここにないだけなんだ。知ってる。分かってる。大丈夫。
 
子どもを連れて西に逃げたという人の話をネットで読む。東京にいる海外の人が帰国していくというニュースを聞く。気がつくと福島第一原子力発電所から東京までの距離を測ってたりする。230キロもある。大丈夫。
 
グラっと揺れる。Twitterのタイムラインでみんなの反応を確認する。揺れたねと書くことでちょっと平常心を取り戻す。大丈夫。このぐらいの揺れでは何も変わらない。分かってる。
 
 
そう、分かってる。大丈夫。大丈夫。大丈夫。気がつくと自分に言い聞かせている。大丈夫。冷静に判断できている。まだ大丈夫。
 
そう、今はまだ大丈夫。
 
 
これが今の私の正直な気持ち。怖いと思うことも不安だと思うこともしっかり認識して誤魔化さず向き合っていくことも大事かなと。体調崩している人も考えすぎちゃってる人も頑張ろうね。
(写真は放射能汚染で隔離された少女とその飼い犬 via REUTERS)

追記
放射能に関してはあんまり大丈夫じゃなかった(T_T)

関連してるかもしれない記事

Pocket