エクストリーム・スーパーフルムーン。14%大きく、30%明るい満月の夜がやってくる

2011.03.19

スーパーフルムーン
 
2011年3月20日朝4時9分、月が地球に最接近。

その時の距離は35万6,577キロで、一番遠い時(40万5000キロ)と比べて約5万キロ、平均(38万4,400キロ)と比べても3万キロぐらい近づきます。
 
スーパーフルムーン
日本地図に乗せてみるとこんな感じ。東京から見ると普段は大阪にある月が、3月20日には大津までやってくる感じです。
 
 
スーパーフルムーン
NASAによると今回の最接近は1983年3月28日以来18年ぶりで、一番遠い時と比べて14%大きく、30%明るいんだそうですよ。
 
 
大きさを実感したいなら、月が地上に近い時が特にオススメ。
ちなみに3月19日の東京の月の出は17時25分、月の入りは20日の4時55分です。
 
震災から一週間。ちょっと疲れちゃってる人も多いけど、こんな時だからこそ大きな月を見上げてみるのもいいと思います。
(via NASA)

関連してるかもしれない記事

Pocket