花粉症をこじらせて肋骨にひびが入った話

2011.04.20

花粉症をこじらせて肋骨にひびが入った話
 
何を言ってるのかわからねーと思うが(笑)

事の始まりは3月30日の21時ごろのことでした。

ハックション!!! くしゃみで肋骨折りそうな勢い。すげー痛い。
(kurokikoichi on Twitter 2011.03.30)

 
花粉症のせいで大きなくしゃみが出て、右胸の脇のほうに激痛が走り、なんていうかぎっくり腰をしたときのような動けない状態になったわけです(ぎっくり腰したことないのであくまでイメージですが。。)。
 
それから3週間。
 
仕事が忙しくって、医者に行くなら眠りたい日々だったので、だましだまし暮らしていたのですが、一向に痛みは収まらず。。。やっと余裕が出たので医者に行ってきました。
 
医者「これは痛い?」(指で肋骨を押す)
私 「いえ別に」
医者「じゃあ息を大きく吸うと痛いでしょ」(ドヤ顔でちょっとうれしそう)
私 「結構痛いです」
医者「だいたい分かりました。一応レントゲン取りましょう」(分かったのか?)
 
そんなわけできれいなお姉さんに手取り足取りレントゲンを撮ってもらい。。
 
医者「よかったですね。折れてませんよ。でも、ひびがはいってますね。ほらここ」
(レントゲンのなにやら細長い2cmぐらいの線を指差す)
医者「だいぶくっついてきてます。でももうちょっと時間がかかるかなぁ。今痛いのは肋骨にそって走ってる神経のせいで肋間神経痛が出てるからですね。鎮痛剤の入った湿布を出しておきますので、これでしばらく様子を見ましょう」
 
とのことでした。折れてなかったのは不幸中の幸いなんだけど、全然よくないよ!
 
ナボールパップ140mg
初診料とレントゲン2枚で2,270円。湿布が1ヶ月分で660円なりー。
 
 
まさかクシャミで肋骨にひびが入るとはねぇ。。。
どう注意すればいいのか分かりませんが、みなさまもクシャミをするときにはご注意を!

関連してるかもしれない記事

Pocket