放射性物質も除去するテラオカの逆浸透膜浄水技術を使ったスーパーサミットの「美し水(うましみず)」

2011.04.24

サミットの美し水(うましみず)
 
限りなくH2Oだけに近い水なんだそうですよ。

原発問題発生以来なにかと気になる水。わが家でも気になっているものの、さすがにすべてをミネラルウオーターにするほどのセレブでもなく、子どもが直接水として飲む分以外は、あちこちの数字をチェックしつつも、浄水器を通した水道水を利用しています。
 
そんな時にスーパーサミットで見かけたのが、この「美し水(うましみず)」。2リットル(399円)か4リットル(504円)の専用ボトルを購入するとその後は何度でも入れ放題になっています。
(価格は2011年4月時点でのサミットポイントカード会員価格・写真は4リットル)

サミットの美し水(うましみず)
 
機械のあるお店とないお店があるので、サミットのホームページ内の、各店舗情報の主な取り扱いサービスを確認してみてください。
 
 
サミットの美し水(うましみず)
スーパーの端っこにこんな感じに置かれています。ボタンを押すと洗浄作業が10秒ほど、つづいてボトルをセットすると自動的に給水してくれます。4リットルで1分半という感じでしょうか。キャップも消毒できるようになってます。(写真の機種はテラオカECOA-V80D)
 
 
この「美し水」は水道水を逆浸透膜を利用して、水の中の超微細ダイオキシン・重金属・ウィルス等も取り除いてくれるのだそうで、2011年3月26日に福島県飯舘村役場の水道管を使って実験した結果、人体に影響があるとされるヨウ素300Bq/kg以上が検出された水をも、検出できないレベルまでろ過出来たのだとか。

ECOAによる放射性物質除去結果
今回の測定に用いた原水には、最大値で暫定規制値の2倍の放射性ヨウ素131(600Bq/kg)と、暫定規制値を下回る放射性セシウム(32Bq/kg)が含まれていましたが、ECOAでろ過した試料からはいずれの放射性物質も検出されませんでした。ECOAによって最適に制御された原水の水圧と水流が逆浸透膜(RO)のろ過機能を効果的に引き出し、放射性ヨウ素と放射性セシウムの除去に著しい効果があったと考えられます。
「ECOA(逆浸透膜ろ過を用いた純水造水装置)の放射性物質除去能力について」より

 
そんなわけでわが家では4リットルのボトルを購入して、通勤の合間にお水をいただいておりますよ。
 
放射性物質が気になっている方は是非。そうでない方も口当たりなめらかで美味しいので是非どうぞ。

関連してるかもしれない記事

Pocket