大好きなあの娘を守るために何度でも過去を繰り返す映画「バタフライ・エフェクト」が面白かった

2011.05.07

バタフライ・エフェクト
 
「小さなチョウの羽ばたきが地球の裏側で台風を起こすこともある」

そんなカオス理論を下じきにしたアシュトン・カッチャー主演の映画「バタフライ・エフェクト(原題 The Butterfly Effect)」を観てみました。日本公開が2005年で今さらではあるのですが、ここしばらく見た中で格段に面白かったのでちょっとご紹介。(あらすじ程度でネタバレは含みません)
 
 
主人公のエヴァンは時々記憶が飛ぶ以外はいたって普通の少年。大好きな女の子ケイリー、ちょっと意地悪なケイリーの兄トミー、太った親友レニーと4人で楽しい少年時代を送っていました。
 
バタフライ・エフェクト
 
いつしか彼らとも疎遠になり、大人になったある日、日記を読み返しながら自分の忘れていた出来事を思い出せることに気がつきます。そしてその出来事を変えることが出来ることも。
そして守れなかった彼女を守るために、彼は少年時代のある出来事を変えることを決意するのです。
 
バタフライ・エフェクト
 
過去のある出来事を変えることで生まれる小さな変化は、大きな波を引き起こし今を変えていきます。それはさながら小さなチョウの羽ばたきが台風を起こすが如く。。。でもその結果は必ずしも彼が望んだ未来ではなかったのです。
 
息つく暇もないスピード感溢れる展開、何度も繰り返されるタイムスリップ、救われない絶望感。。。ラストに流れるOasisの「stop crying your heart out」がたまりませんでしたよ。
 
 
バック・トゥ・ザ・フューチャー(洋画)、時をかける少女(アニメ映画)、まどか☆マギカ(テレビアニメの10話)、プロポーズ大作戦(ドラマ)とかの繰り返しタイムスリップものや、メメント(洋画)や運命じゃない人(邦画)のような凝った脚本が好きな人なら楽しめると思うので是非!
 
 
バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション
バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション

関連してるかもしれない記事

Pocket