2012年5月21日の金環日食を観るために今しておくこと

2011.05.21

2012年5月21日の金環日食
 
1987年9月23日以来、25年ぶりの金環日食まであと1年と迫りました。

今回の日食では、九州の南部から関東にかけての広い地域で金環日食が、それ以外の地域でも部分日食を見ることができます。
 
2012年5月21日の金環日食・部分日食
国立天文台ホームページ[Link]より。グレーの部分が金環日食のエリア)
 
 
主な地点とその日食が最大になる時間は以下の通りです。

札幌  7時49分49秒
仙台  7時40分16秒
東京  7時34分30秒(金環日食)
静岡  7時32分13秒(金環日食)
京都  7時30分35秒(金環日食)
高知  7時26分46秒(金環日食)
福岡  7時25分26秒
鹿児島 7時22分11秒(金環日食)
那覇  7時13分00秒

 
5月21日、7時30分ぐらいの太陽の高度は東京だと34度ぐらい。高度が低いのでビルの多いところだと建物に隠れて太陽が見えないかもしれません。来年金環日食をゆっくり楽しみたい人は、一年前のこの時期にどこからなら太陽が見えるのかチェックしておくといいと思いますよ。
 
(写真はインドのワーラーナシーで撮影された皆既日食 The Big Picture 2009.07.22)

関連してるかもしれない記事

Pocket