illustratorに配置した画像を収集する方法

2011.06.01

illustratorに配置した画像を収集する方法
 
ちょっとしたAdobe illustratorのTipsです。

illustratorでデータを作って納品や印刷をするときに、配置した画像をうっかり忘れてしまったなんて経験はありませんか? 古くは「イラレの鬼」、最近だと「DHT Image finder[Link]なんかがillustratorの配置画像収集ソフトとして有名ですが、実はillustratorに元々搭載されている機能を使って簡単に出来るのです。
 
illustrator CS3 と CS5 での方法を書いておくのでお試しあれー。
 
 
illustrator CS3 の場合
illustrator CS3
まずは作業中のファイルを保存して、そのままファイルを開いた状態で、「アプリケーション」>「Adobe Illustrator CS3」>「Scripting」>「Sample Scripts」>「AppleScript」>「Collect for Output」と開いていき、「Collect for Output」をダブルクリックします。
 
「Press Run to run this script, or Quit to quit.」と聞かれるので「Run」をクリック。フォルダを指定すればそこに画像を収集してくれます。
 
 
illustrator CS5 の場合
illustrator CS5
まずは作業中のファイルを保存して、そのままファイルを開いた状態で、上部メニューバーの「ファイル」>「スクリプト」>「その他のスクリプト」を選びます。
 
そして「アプリケーション」>「Adobe Illustrator CS5」>「スクリプティング」>「サンプルスクリプト」>「AppleScript」>「出力の修正」と開いていき、「CollectForOutput.scpt」を指定します。
 
「Collect the current illustrator document for output?」と聞かれるので「OK」をクリック。フォルダを指定すればそこに画像を収集してくれます。
 
 
最初はスクリプトの場所が分かりづらいかもしれませんが、慣れれば簡単ですよ。

関連してるかもしれない記事

Pocket