子どもの放射線被ばくについて考えるときに知っておくべきたった一つのこと

2011.06.04

放射能チェックを受ける子ども
 
ちょっと大事なことなので、書き留めておきますよ。

福島原発の事故以来、放射性物質は「基準値以下だから安全」という言葉をよく耳にします。安全だから食べても大丈夫、飲んでも大丈夫、浴びても大丈夫。
 
でも本当にそうでしょうか?
 
被ばくと基準値とがん発生率について
 
簡単なグラフで説明すると「基準値以下だから安全」というのは左のようなグラフになります。ある一定の基準値から下の放射線被ばくではがんが発生しないというグラフです。でも実は、放射線被ばくの国際的な常識は右のグラフで、米国科学アカデミーや国際放射線防護委員会(ICRP)などによると「がんの発生に基準値はない」のです。
 
 
つまり「少しの被ばくであっても、人体に対して危険を及ぼす可能性がある」のです。
 
 
とりわけ子どもは大人と比較して放射線による被ばくのリスクが高いことが分かっているので、「避けられる被ばくは少しでも避ける」べきだということを忘れないでください。
 
 
参考:よくわかる原子力「年間限度線量の被ばくでも発がん」[Link]
   松井英介監修「放射線被ばくから子どもを守るために」[PDF Link]
 
(写真はREUTERSより放射能チェックを受ける子ども)

関連してるかもしれない記事

Pocket