織田裕二がサンテFXのCMで、20年目のキターーーーーーーッ!(動画あり)

2011.06.16

織田裕二

あの「キターッ!」が帰ってきます。

参天製薬の爽快系目薬「サンテFX」の発売20周年を記念して、CMキャラクターに織田裕二が起用されることになりました。

1991年にサンテFXが新発売されたときの初代CMキャラクターが織田裕二。ちょうど「東京ラブストーリー」をやってたころになるんですね。

 
織田裕二
サンテFX「叫び」編(1991)と「Twenty」編(2011)より、23歳の織田裕二(左)と43歳の織田裕二(右)。

 


サンテFXが新発売されたころのCM「叫び」編 &「ミラービル」編。「ミラービル」編で、スカっとするときに飛行機が飛んでいくスタイルが生まれ、この後このパターンで何本もCMが作られてました。懐かしいなぁ。。

 


今回発表された「Twenty」編。モノクロ基調のシックな作りで、織田裕二がこの20年でビッグになったことを感じさせます。記者会見では「リングに上がるような気持ちで、過去の自分に負けないように叫んだ」と12時間にもおよんだ撮影を振り返っていました。

個人的には後ろを飛行機が飛んでいかないのが不満なんですが(笑)。別バージョンとかないのでしょうかねぇ。

 
サンテFXのホームページ[Link]では20周年を記念してスペシャルコンテンツやプレゼント企画などを実施中。織田裕二の歴代キターッ!も全部見れるようになっているので、是非。

関連してるかもしれない記事

Pocket