なにもかもが最後。スペースシャトル「アトランティス」宇宙へ

2011.07.09

2011年7月7日、発射を待つアトランティス

1981年4月12日のコロンビア打ち上げから30年。ついに最後のフライトになりました。

1号機エンタープライズ(滑空実験機)、2号機コロンビア、3号機チャレンジャー、4号機アトランティス、5号機エンデバー。

コロンビアとチャレンジャーが共に爆発事故でこの世を去っているので、アトランティスは宇宙へ行ける2機のうちの1機。このミッション(STS-135)は2011年5月に打ち上げられたエンデバー(STS-134)になにかあったときの救出ミッションでしたが、準備するだけというのももったいないので打ち上げることになったのだとか。(緊急時にはソユーズでの救援飛行が予定されています)

 

スペースシャトル最後のクルー
スペースシャトル最後のクルー(左からレックス・ウォルハイム、ダグラス・ハーリー、クリス・ファーガソン、サンディ・マグナス)。

 

スペースシャトル最後の夜
スペースシャトル最後の夜。

 

ケネディ宇宙センターにあるカウントダウンを表示する時計台
ケネディ宇宙センターにあるカウントダウンを表示する時計台から見た夜明け。

 

アクシデントが発生し、残り31秒で止まるカウントダウン
アクシデントが発生し、残り31秒で止まるカウントダウン。最後にヒヤヒヤさせてくれます。

 

スペースシャトル「アトランティス」最後のリフトオフ
スペースシャトル「アトランティス」最後のリフトオフ
スペースシャトル「アトランティス」最後のリフトオフ
スペースシャトル「アトランティス」最後のリフトオフ
そしてこれが、これが最後のリフトオフ!

 

固体ロケット・ブースタ(左)と外部燃料タンク(右)の分離
固体ロケット・ブースタ(左)と外部燃料タンク(右)の分離もこれが最後。無事切り離しが完了し宇宙へと旅立って行きました。(外部燃料タンクのカメラより)

 

バハマ上空で作業するアトランティス
ISSから撮影されたバハマ上空で作業するアトランティス。

 

アトランティス帰還
アトランティス帰還
そして2011年7月20日。最後の帰還となりました。

 

アトランティス、ハンガーへ
長い間、お疲れ様でした。

 
この後、アトランティスはケネディ宇宙センターに展示されることになっています。

 
(Photo:NASAabcSTUCK IN CUSOMSBig Picture

関連してるかもしれない記事

Pocket