OS X LionのLaunchpadでいらないソフトを消す方法

2011.08.11

スペースシャトル「アトランティス」最後のリフトオフ

日本語で発射台という意味を持つ「Launchpad」はMac OS X Lionに新しく搭載された、アプリケーションに一瞬でアクセスできる機能。

IPhoneを連想させる画面からは新しい試みを感じられてワクワクするのですが、いざ使ってみると普段アプリケーションとして使うことのない補助的なアプリケーションまで一覧表示されて、一瞬でアクセスするというには程遠い状態。

 
そこで「Launchpad control」を使ってLaunchpadからいらないソフトを消してみました。

 
「Launchpad control」のダウンロードはこちらから → chaosspace.de[Link]

 
Launchipad-Control.prefPane
ダウンロードして解凍すると「Launchipad-Control.prefPane」というファイルが出てくるので、これをダブルクリック。するとインストールするかどうか聞かれるので、インストールをクリックしてインストールします。

 
Launchpad control
「Launchpad control」はシステム環境設定の「その他」に追加されます。

 
Launchpad control
Launchpadに表示したくないソフトはチェックをはずして右下の「apply」ボタンを押せば完了。

 

Launchpad control
あんまり使わないソフトをフォルダに入れたりしてとりあえず一画面に収めた私のLaunchpadの画面。気がつけばDockと変わらないような気もしますが(笑)、かなりスッキリしました。

関連してるかもしれない記事

Pocket