Googleロゴ「ピエール・ド・フェルマー」

2011.08.17

Googleロゴ「ピエール・ド・フェルマー」

8月17日は数学者「ピエール ド フェルマー」の誕生日。Googleロゴも「ピエール・ド・フェルマー」でした。

1601年8月17日、南フランス・ボーモン・ド・ロマーニュに農民の子どもとして生まれたピエール・ド・フェルマーはトゥールーズで弁護士として一生を送りました。

弁護士のかたわら30歳ぐらいから数学にうちこむようになり、パスカルと一緒に確率論の基礎を作ったり、デカルトとも交流して解析幾何学を発明したり、数論で後世に大きな功績を残しています。

 

Googleロゴはフェルマーが考えた48の定理のうちの最後の一つ「フェルマーの最終定理」がモチーフになっていました。

 
フェルマーの最終定理
フェルマーの最終定理

 
この定理は、なんと発表されてから360年後の1995年、イギリス生まれの数学者アンドリュー・ワイルズによって証明されるまで、誰にも解くことが出来なかったんだそうですよ。

フェルマーがこの最終定理を残したときの余白の書き込み「この定理に関して、私は真に驚くべき証明を見つけたが、この余白はそれを書くには狭すぎる」にちなんで、Googleロゴにカーソルを合わせると「私はこの定理の真に驚くべき証明を発見したが、このホリデーロゴはそれを書くには狭すぎる」という文字が表示されるようになっていました。

 
※誕生日、誕生年は確定されておらず、あくまでも通説です。

関連してるかもしれない記事

Pocket