Googleロゴ「ホルヘ・ルイス・ボルヘス」

2011.08.24

Googleロゴ「ホルヘ・ルイス・ボルヘス」

8月24日はアルゼンチンの作家、ホルヘ・ルイス・ボルヘスの誕生日。Googleロゴもそれを記念してホルヘ・ルイス・ボルヘスになってました。

1899年8月24日、ホルヘ・フランシスコ・イシドロ・ルイス・ボルヘス・アセベード(本名)はアルゼンチン・ブエノスアイレスに生まれました。

 
祖母がイングランド人だったことから英語とスペイン語が飛び交う家庭で育ち、子どものころから本好きの父(蔵書はなんと5000冊)の影響を受けて英語やスペイン語で本を読んでいたのだとか。その文才は小さなころからで10歳にしてワイルドの「幸福な王子」をスペイン語に訳し新聞に掲載されるほどでした。

 
22歳のころから本格的に作家活動を開始。24歳、1923年に処女詩集「ブエノスアイレスの熱狂」を出版しています。
有名な著書に「伝奇集」「エル・アレフ」「幻獣辞典」「砂の本」など。

 
Googleロゴは「伝奇集」に収録された短編小説「バベルの図書館」のイメージで作られているようですよ。

 

ホルヘ・ルイス・ボルヘス著:伝奇集
伝奇集

関連してるかもしれない記事

Pocket