ローンを払い終わったときに自分で抵当権を抹消する(外す)方法

2011.09.14

自分で抵当権を抹消する方法

ドッキドキで法務局に行ってきたのですが、拍子抜けするぐらい簡単でしたよ。

自宅などを購入したときにローンを組んだらほぼ確実に登記される金融機関の抵当権。借金を返し終わったらこれを抹消する(外す)作業が残っているのですが、信用金庫の担当の方が司法書士に頼まなくても個人で簡単に外すことが出来ますよ。と教えてくれたのでやってみました。

 

[準備編]
ローンを組んでいた金融機関からもらった書類
・登記識別情報
・弁済証書
・委任状
・代表者事項証明証(有効期限が発行から3ヶ月なので要注意)

自分で用意した書類
・抵当権抹消登記申請書

 
抵当権抹消登記申請書は法務省のホームページ[Link]から申請書をダウンロードして、注などをよく読んで記入します。基本は弁済証書や抵当権設定契約書(ローンを組んだときに作ったもの)に書いてあることを写していけばいいだけですが、不安なところは鉛筆書きにしておきました。
私の作ったひな形(PDF)を置いておくので良かったらどうぞ→[Link]

 

[相談・提出編]
関連書類をひと通りもって法務局へGO! 不動産のある場所によって管轄が違うので事前に確認[Link]しておきましょう。私は荻窪駅から徒歩30分にある東京法務局杉並出張所へ自転車で行ってきました。

東京法務局杉並出張所
東京法務局杉並出張所についたら、2Fに上がって相談コーナーへ。抵当権抹消登記をしたいのですが、書類を見ていただけますかとお願いして書類を添削してもらいます。「番地」ではなく「番」でなきゃダメだったり、「号」が入ってちゃいけなかったりとバシバシ修正が入りました。

抵当権抹消登記申請書
土地が7筆に分かれていたので修正も7倍。お察し下さい(涙)

 
作業スペースで直した書類をもう一度相談コーナーで確認してもらって印紙を貼って提出。問題がなければ7営業日で出来上がるので同じ印鑑を持ってもう一度来てくださいとのことでした。

空いていたせいか、法務局にいたのは正味20分ほどでしょうか。

印紙代は土地や建物一つにつき1,000円。私は土地が7筆だったので8,000円でしたが、普通の物件なら土地と建物で2,000円になるはずです。

 

[受取編]
途中で連絡が来ることもなく再び法務局へ。窓口で名前を告げ、受け取り書類に印鑑を押して、登記完了証を受け取りました。

登記完了証
登記完了証は2部貰えるので一部を金融機関に届けて完了です。

 

法務局の人が思った以上に丁寧に教えてくれるので、やってみようと思っている人はあまり深く悩まずに一式持って行って相談してしまうのがいいと思いますよ。

関連してるかもしれない記事

Pocket