子どもの運動会用にTAMRONの高倍率ズームレンズ「AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC」を買ってみた

2011.09.19

TAMRON AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical [IF] MACRO Model A20

300ミリ望遠があるだけでずいぶんと世界が変わりますねぇ。

そろそろ子どもの運動会。毎年24-85ミリレンズをEOS 5Dにくっつけて撮影していたのですが、校庭って広いんですよね。家に帰って撮影した写真をチェックしてみるとどれも小さくしか映ってなくて、脳内補正された記憶とのギャップでガッカリすることばかり。

そこで、TAMRONの高倍率ズームレンズ「AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical [IF] MACRO Model A20」(なんて長い名前なんだ)を買ってみました。

 
TAMRON AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical [IF] MACRO Model A20
28ミリのときは13センチぐらい。300ミリに伸ばすと21センチになります。レンズの重さは600グラム程度で、今まで使っていた24-85ミリレンズと比べるとその差はわずか150グラム。EOS 5D自体が割と重いので気にならないぐらいでした。

 

300ミリっていうのは目で見ているよりもグッとアップによれる感じです。

28ミリで撮影
28ミリで撮影するとこんな風景が

300ミリで撮影
300ミリだとこんなにアップに。

 

28ミリで撮影
28ミリで撮影した空

300ミリで撮影
300ミリで撮影した線路

300ミリで撮影
レンズに手ぶれ補正機能が付いているので、手持ちで月を撮影してもここまでしっかり撮影できましたよ(写真はピクセル等倍にトリミング)。

 
一本で広角からズームまで幅広く撮影出来るのが高倍率ズームの魅力。出かけるときに一本だけ持って行くならこれって感じになりそうです。

 

TAMRON AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC A20
TAMRON AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC A20

関連してるかもしれない記事

Pocket