MOMAのパーマネントコレクションにもなっている収納力バツグンの「ボビーワゴン」を実際に使っている人の写真を集めてみました

2011.10.13

ボビーワゴン by ジョエ・コロンボ

イタリアのインダストリアルデザイナー、ジョエ・コロンボ(Joe Colombo)。

彼が1970年にデザインした製図用具用のワゴン「ボビーワゴン(BOBY TROLLEY)」をリビングに置いてみたら片付けが便利になるんじゃないかとちょっと検討しています。
 
ただ一番小さなサイズでも、幅43cm×奥行42cm×高さ52.5cmと結構大きめだったりして。。。実際に置いてみた感覚が掴めなかったので、ネット上のあちこちから実際に使っている人の写真を集めてみました。同じように悩んでいる人は参考にどうぞ。
(写真をクリックするとその人のページにジャンプします)

 

ニットの仕事をしている方のボビーワゴンイラストレーターのボビーワゴン

[左] ニットの仕事をしている方のボビーワゴン。下のかごはオーダーメイドで、一番上にはiPadが乗っかっています。

[右] イラストレーターのボビーワゴン。隅々まで画材でいっぱい。スケッチブック以外の画材は、全部この中に収まっているのだとか。

 

新しいモノ好きな仙台人のボビーワゴン東京の会社員のお宅のボビーワゴン

[左] 新しいモノ好きな仙台人のボビーワゴン。机横の収納という感じ。

[右] 東京の会社員のお宅のボビーワゴン。ソファの横に置いて使用中。リモコン、小銭入れ、時計、ノートPC、新聞、手紙など日常のこまごまとしたものが入っています。

 

香川の会社員のお宅のボビーワゴン旭川で器を作っている方のボビーワゴン

[左] 香川の会社員のお宅のボビーワゴン。食材や調味料が満載です。

[右] 旭川で器を作っている方のボビーワゴン。ダイニングテーブル脇で、食材やキッチン用品の収納場所になっています。

 

子育て中のお宅のホビーワゴンデザイナーズ家具が大好きな方のボビーワゴン

[左] 小学校2年生の双子と年長さんを子育て中のお宅のホビーワゴン。お絵描き用の雑紙、色鉛筆、テープ、はさみ、のり、折り紙、鉛筆削り、クレヨン、クーピー、マジックペンなんか入っています。

[右] デザイナーズ家具が大好きな方のボビーワゴン。缶詰とか紅茶など食料品中心です。

 

編集者のボビーワゴンプラスチック家具やテレビのコレクターのボビーワゴン

[左] デザインやカルチャーなどのエッセイを書いている編集者のボビーワゴン。画材やランプが置いてあります。

[右] 60-70年代のプラスチック家具やテレビのコレクターのボビーワゴン。CDや書籍などの置場になっています。

 

わが家が買うとしたら下の写真のような2段×3トレイの白と決めているのですが、ちょっと大きすぎるんじゃないかな。。。うーん、もうしばらく悩もうと思います。

ボビーワゴン2段×3トレイ
ボビーワゴンをAmazonで探す[Link]
ボビーワゴンを楽天で探す[Link]

関連してるかもしれない記事

Pocket