震災後に買った「サトウのごはん」の賞味期限が切れてしまいました >_<。

2011.11.11

サトウのごはん

なんということでしょう。

2011年3月22日、福島第一原発事故の影響で、東京の金町浄水場から国が定める乳児の飲み水の基準(100ベクレル/リットル)を上回る210ベクレルが検出。

小さな子どものいるわが家では、水道水でご飯が炊けなくなっちゃう!と慌てて「サトウのごはん」を買ってみたりもしたわけですが、早めに数値が落ち着いたのと、スーパーで配っている逆浸透膜浄水技術でろ過した水が放射能を除去することが分かったりしたので、いざという時に備えてしまいこんでありました。
・放射能に汚染された水を飲むことについて
・放射性物質も除去するテラオカの逆浸透膜浄水技術を使ったスーパーサミットの「美し水(うましみず)」

 

賞味期限切れになったサトウのごはん
レトルトカレーの賞味期限が2013年だったので油断してたのですが、久しぶりにみたらレトルトごはんの賞味期限は今年の10月半ばから11月前半というものがほとんど。合計で20パックあったわが家のレトルトごはんはすべて賞味期限が切れてました(涙)。

 
ちなみにサトウ食品のホームページによると

Q.賞味期限が切れてしまったごはんは食べられますか。

A.賞味期限は、「おいしく食べられる期限」の目安です。食品の期限表示には、「消費期限」と「賞味期限」の2種類があります。「消費期限」とは製造日を含めだいたい5日以内で品質が落ちてしまう食品を対象とした、腐敗などを心配することなく「安全に食べられる期限」で、期限内に食べ切ることが必要とされます。一方、「賞味期限」は、品質が比較的落ちにくい食品が対象で、期限が過ぎても直ちに食べられないというものではありません。
なお、賞味期限内であっても、開封した後はなるべく早めにお召し上がりください。
(よくあるご質問と回答:サトウ食品)

 
「直ちに食べられないというものではありません。」という文章が妙に気になりますが(笑)。
安全性に問題があるわけではなさそうなので、1週間ぐらいかけてゆっくり食べてしまおうと思っています。

 
皆様もご注意を!

関連してるかもしれない記事

Pocket