MacBook(Late 2009)の底面のゴムがボコボコになってしまったので、「MacBook下部ケース交換プログラム」に申し込んでみました

2011.11.17

MacBook下部ケース交換プログラム

なんじゃこりゃぁぁ。

2009年の年末に購入したMacBook(Late 2009)の裏側、底のゴムの部分が、なんかあっちこっちで浮いてきて、こんな酷いことに。。。

 
MacBook下部ケース交換プログラム
合計で3ヶ所、大きくぼこりと浮いてきています。

 
どうしたものかとググッてみたところ、2009年10月から2011年4月の間に出荷されたMacBookで同様の現象が起きていることが判明。

一部の MacBook の下部ケースのゴム部分が特定の状況下で剥がれることが判明しました。この問題は2009年10月から2011年4月の間に出荷された MacBook に発生する可能性があります。
(2011.05.27 Apple)

とのことで、Appleで「MacBook 下部ケース交換プログラム[Link]がはじまってました。

交換方法は、ジーニアスバーなどのお店に持ち込むか、オンラインで交換キットを申し込むかのどちらかで、私はネットから交換キットを申し込んでみました。

 
MacBook下部ケース交換プログラム
お昼ごろ申し込んだら、翌朝には到着ー。早い早い。
中には下部ケースとドライバー、ネジ(10本)が入っていました。

 
MacBook下部ケース交換プログラム
交換は8本のネジを取って、新しいケースと交換するだけの簡単なもの。シリアル番号をケースの裏側に書き写してとあったのですが、うちのMac Bookには元々記載されてなかったのでそのまま取り替えただけ。中のほこりを払ったりしても10分もかかりませんでした。

 

MacBook下部ケース交換プログラム
ちょっと気になったのは、交換したケースが、前のものと全く同じ部品に見えること。表面に書かれてる文字はまったく同じでした。
同じだとすると2年もしないうちにボコボコになってしまうような気がしてしょうがないんだけど。。
特定の条件下ってなんだー。教えてくれー。

ちなみに、この下部ケース交換プログラムは購入から2年間が対象。該当するMacBookを持ってる人はご注意ください。

関連してるかもしれない記事

Pocket