速さが違う! iPhone や iPod touch の設定ショートカットは「iPhone構成ユーティリティ」で作ったほうがいいみたい

2011.11.30

iPhone や iPod touch の設定ショートカットは「iPhone構成ユーティリティ」で作ろう

iOS 5から搭載されたURLスキームでホーム画面から各種設定画面にショートカットできるようになりました。

ちょっと前にアプリを使った iPhone や iPod touch のホーム画面に「Wi-Fi」や「明るさ」設定のショートカットを作る方法[Link]を書いたのですが、今回の「iPhone構成ユーティリティ」を使った方法のほうが体感で1.5倍ぐらいより速く設定画面が開きます。
備忘録を兼ねてまとめておきますので、よりスピードを重視する人、アプリを使いたくない人は是非お試しください。
※2012.03.08追記:このショートカットはiOS5.1では使えません。ご注意ください。

 

iPhone構成ユーティリティとアイコンを用意します

iPhone構成ユーティリティ
iPhone構成ユーティリティのダウンロードは。
iPhoneサポート[Link]から
※「アプリケーション」>「ユーティリティ」にインストールされます。

 
続いてアイコンを用意します。
Wi-Fi Brightness
前回[Link]使ったデータとほぼ同じですが、今回はiPhone構成ユーティリティで立体感を付け足すのでフラットです。(保存する時は画像の上で右クリックで、リンク先を保存してみてください)

 

構成プロファイルを作ります

構成プロファイルを作ります
iPhone構成ユーティリティを立ち上げて新規構成プロファイルを作ります。「構成プロファイル」>「一般」とたどっていって、名前「setting shortcut」、識別子「com.orange.profile」、説明欄「設定画面へのショートカットです」と枠を埋めていきます(文字はお好みで)。

 
Webクリップ
次にWebクリップを開いて、ラベル「Brightness」、URL「prefs:root=Brightness」、アイコン(先ほど用意したもの)を入れれば完成です。
何種類も作りたいときは右上の「+」マークで追加していけばOK。

Wi-Fiのボタンの場合はURLを「prefs:root=WIFI」で登録してください。
その他のURLスキームはSettingApp Schema[Link]が詳しいのでそちらを。

 

iPhoneへインストールする

iPhoneへインストールする
iPhoneをパソコンに繋いで構成プロファイルをインストールします。
iPhone構成ユーティリティのデバイスにiPhoneが出てくるので先ほど作った構成プロファイルを選んでインストールボタンをクリック。

 
iPhoneへインストールする
iPhoneにインストールボタンが出るのでタップしていけば完了です。

関連してるかもしれない記事

Pocket