ケプラー探査機が発見した地球に似た惑星「ケプラー22b」

2011.12.06

ケプラー22b

大気の温度は22度!

2011年12月5日、NASAのケプラーミッションはハビタブルゾーンにある惑星「ケプラー22b」を確認したことを発表しました。
(ハビタブルゾーンとは宇宙で生命が存在できると考えられているゾーンのこと)

 

ケプラー探査機
ケプラーミッションは地球型の惑星を探すためのミッション。2009年3月6日に打ち上げられた宇宙望遠鏡「ケプラー探査機」のデータから様々な惑星を調べています。

 

ケプラー22b
今回確認された惑星「ケプラー22b」は地球から600光年離れた場所にあり、大きさは地球の2.4倍。岩とガスと液体で出来ていて、太陽によく似たGタイプの恒星ケプラー22の周りを290日かけて回っています。

 

This is a major milestone on the road to finding Earth’s twin,
(今回の発見は地球とそっくりの星を探す上での重大な出来事)

とNASAの科学者Douglas Hudginsは語っています。

 
現在ケプラーミッションがハビタブルゾーンにあると想定している惑星の数は48(2011年2月発表時は54)。今回の「ケプラー22b」はその中で最初に確認された惑星となりました。

 
グリーゼ581g、HD69830d、そして今回のケプラー22bとハビタブルゾーンにある惑星の発見が続々。地球外生命の発見も遠い未来ではなくなってきているのかもしれません。

(via NASA , BBC

関連してるかもしれない記事

Pocket