スマートフォンで使える公衆無線LANサービス「光ステーション」についてNTTに聞いてみました

2012.01.17

光ステーション

なんだかちょっとややこしかったので頭の整理整頓を兼ねて。

NTTが提供する外出先で手軽に使える公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット」。
認証にPPPoEを使うのでiPhoneやAndroidなどのスマートフォンからは使えなかったのですが、NTT東日本のニュースリリース「光ステーションの提供開始について」という記事の中にこんな記載が。

チェーン店舗・商店街店舗・公共施設等を営む「フレッツ 光ネクスト」をご契約いただいているお客様を対象に、Wi-Fiアクセスポイントを設置し、来訪者に対して「フレッツ・スポット」によるインターネット利用環境の提供、店舗等からのオリジナルコンテンツの配信等を可能にするサービス「光ステーション」を平成23年12月22日(木)から提供します

「フレッツ・スポット」認証ID/認証パスワードによるWeb認証方式で提供するため、PPPoE機能未対応のスマートフォン等でも、ご利用いただけます。
(NTT東日本 ニュースリリース2011.12.21)

 
これはスマートフォンでも使える「フレッツ・スポット」ってことでいいのかな。とNTTに問い合わせてみたところどうやらそういうわけではないみたい。

 
「光ステーション」について問い合わせて確認したことをまとめておくと

・スマートフォンで1日2回最大10分までインターネットに接続できる(無料)
・フレッツ・スポットとしても使える(PPPoEに対応した機器のみ・要フレッツ・スポット契約)
・光ステーション設置エリアは今後フレッツ・スポット検索マップ上で検索できるようになる

ということで、スマートフォンでから店舗独自の無料Wi-Fiへはつなげるけど、フレッツ・スポットへは直接繋げないので、使いたい場合は結局光ポータブルなどのPPPoEに対応したモバイルWi-Fi機器を使ってくださいということでした。
セブンイレブンに設置されたのもこの「光ステーション」の一種で、店舗独自の無料Wi-Fi部分が「7SPOT」ということらしいです。

 

ただネット上ではiPhoneから試して使えている人もいるようで、セブンイレブンや新幹線駅の待合室などでPPPoE不要のアクセスポイントのSSID「NTT-SPOT」が表示され、繋がるようですよ。
(参考:iPhoneでNTTのフレッツスポットを使ってみた!: docomoでiPhone4S利用日記!)

いちいちネットに接続するためのIDとパスワードを求められるのが難ですが、「光ステーション」にあるフレッツ・スポットは(公式アナウンスはないものの)スマートフォンから直接アクセスすることができる。と考えていいのかもしれません。

関連してるかもしれない記事

Pocket