Googleロゴ「西遊記」(万籟鳴・万古蟾)

2012.01.18

Googleロゴ「西遊記」(万籟鳴・万古蟾)

1月18日は双子のアニメーション作家・万籟鳴と万古蟾の誕生日。Googleロゴは彼らの代表作「西遊記」になっていました。

1900年1月18日に中国で生まれた双子の兄弟・万籟鳴(ワン・ライミン)と万古蟾(ワン・グチャン)。
子供の頃から動画に魅せられ、26歳で10分ほどのアニメーション「大閙画室(アトリエは大さわぎ)」を制作。制作には弟の万超塵(ワン・チャオチェン)、万滌寰(ワン・ティーホアン)も加わり、その後、万四兄弟として中国のアニメーションを牽引する存在になりました。

 

彼らの代表作ともいえるのが彼らが41歳の時に公開された「鉄扇公主(西遊記 鉄扇公主の巻)」。
上海事変で変動する社会の中で、70人のスタッフが1年4ヶ月休みなく関わって制作されたアジア初の長編アニメーション作品(上映時間73分)です。
西遊記 鉄扇公主の巻
(鉄扇公主より)

 
この作品は当時小学生だった手塚治虫に大きな影響を与えたと言われ

万籟鳴先生は手塚先生が最も愛し、尊敬した方です。手塚先生はディズニーの影響を受けていると多くの人が認識していますが、実際は中国アニメ、とりわけ万先生の影響を受けており、その時期はディズニーよりも早く、影響も深い
(手塚プロダクション・松谷孝征談:中国网)

のだとか。

 

Googleロゴは彼らの作った「西遊記・鉄扇姫の巻」をモチーフに、孫悟空が毛をフッと吹くと桃や如意棒などが現れて、それぞれをクリックすると動く仕組みになっていましたよ。
Googleロゴ「西遊記」(万籟鳴・万古蟾)
Googleロゴ「西遊記」(万籟鳴・万古蟾)
下の画像はそれぞれをクリックしたときの合成画像です。如意棒はブラウザ内を所狭しと飛びまくってました。

関連してるかもしれない記事

Pocket