振りかけるだけでフライドポテトがマクドナルド風味に!?「牛肉ダシダ」を使ってみました

2012.01.24

振りかけるだけでフライドポテトがマクドナルド風味に!?「牛肉ダシダ」を使ってみました

何故か時々無性に食べたくなるマックフライポテト。

自宅で作れないかなぁと思ってネットで検索してみたら「牛肉ダシダ」を使うと割とそれっぽくなるという記事を見たので、カルディで「牛肉ダシダ」を探してみました。

 

カルディの店内
入口でもらったコーヒーを飲みながらぶらぶら歩いていると、韓国の調味料が並ぶコーナーに「牛肉ダシダ」は置いてありました。100g入って218円。韓国の調味料を扱っているお店なら必ず置いてある韓国の基本的なダシみたいです。

 
牛肉ダシダ

食塩、混合薬味ミックス(小麦澱粉、玉ねぎ粉、にんにく粉、その他)、しょう油、砂糖、牛脂、ブドウ糖、マルトデキストリン、香辛料、胡椒、牛肉エキス、牛肉味調味粉末、野菜粉末、調味料(アミノ酸等)

牛脂や牛肉味調味粉末がポイントでしょうか。割としっかり塩が入っています。韓国最大の食品メーカーCJの子会社CJジャパン[Link]が輸入しています。

 

というわけでまずはフライドポテトをー

フライドポテトを作ります
じゃがいも4つ分を切って、軽く茹でたあと普通のサラダ油で揚げます。

 
フライドポテトに牛肉ダシダを振りかける
油を切ったらボールに移して「牛肉ダシダ」を小さじ1杯ぐらい加え、よく混ぜたら完成です。

味はマクドナルドとモスバーガーの間ぐらいという感じでしょうか。とっても美味しくできましたよ。

 

ちなみによりマクドナルドのポテト風にするには一度挙げてから冷凍して、さらに揚げるのがポイントみたいです。

[マックフライポテト]
ラセットバーバンク種という大きいジャガイモを使用している。カットはアメリカの工場で行われていて、水の流れの中、網目状のカッターでカットされている。その後、湯通し、乾燥を経て、一度揚げてから冷凍されて日本へ。
 ↓
店舗に届いたポテトは再び揚げられる。こうして二度揚げることであの絶妙な食感が生まれる。
(テレビ朝日シルシルミシル2009.11.11)

さすがにここまでは面倒くさいので、次は冷凍のシューストリング(フライドポテト)を買ってきて試してみるつもりです。

関連してるかもしれない記事

Pocket