Googleロゴ「南方熊楠」

2012.05.18

南方熊楠 誕生 145 周年

5月18日は日本の生物学者、民俗学者である南方熊楠の誕生日。Googleロゴは南方熊楠でした。

1867年5月18日(慶応3年4月15日)に和歌山県和歌山市の鍋屋の家に生まれた南方熊楠。

小さな頃から好奇心が旺盛で、7歳の頃から事典や図鑑を書き写しはじめ、17歳で大学予備門(現:東京大学)に入学するまでに膨大な数の本の写本を行いました。

大学予備門での同期は夏目漱石や正岡子規、幸田露伴など。ただ南方熊楠は大学よりも博物館や植物園、動物園に熱中し、19歳で自主退学。アメリカへと渡っています。

アメリカではサンフランシスコからシカゴ、フロリダとフィールドワークを続け、24歳の時にはキューバ、ハイチ、ベネスエラ、ジャマイカなど中南米にも足を伸ばしました。粘菌類の魅力にとりつかれたのはこのころから。

25歳の時にイギリスへ渡り、翌年、懸賞金目当てで書いた論文「極東の星座」が科学雑誌ネイチャーに掲載され、一躍知られるようになりました。

その後、大英博物館東洋調査部などで働いたのち、33歳で帰国。和歌山・田辺市に居を構えて日本の隠花植物(花をもたない植物)の収集に精を出しました。

菌類の研究では新しい種70種を発見、50歳のときには新属新種「ミナカテラ・ロンギフィラ(和名:ミナカタホコリ)」を発見しています。

 

Googleロゴはそんな南方熊楠の菌類研究のスケッチがモチーフとなってましたよ。
南方熊楠の菌類研究のスケッチ
南方熊楠が描いた菌類のスケッチ。右がミナカテラ・ロンギフィラ。

(via 南方熊楠顕彰館平凡社「南方熊楠―奇想天外の巨人」

関連してるかもしれない記事

Pocket