Googleロゴ「ピーター・カール・ファベルジェ」

2012.05.30

ピーター カール ファベルジェ 生誕 166 周年

5月30日はロシアの宝石商ピーター・カール・ファベルジェの誕生日。Googleロゴもピーター・カール・ファベルジェになっていました。

1846年、ロシア・サンクトペテルブルクで宝石商の長男として生まれたピーター・カール・ファベルジェ(Peter Carl Fabergé)。

ドレスデンアート&クラフトスクールに学び、18歳で修業の旅に。ドイツ、フランス、イギリスの金細工師に学びました。

26歳でサンクトペテルブルクに戻ると父の代からの職人ヒスキアス・ペンディン(Hiskias Pendin)や弟アガトン・ファルベルジェ(Agathon Fabergé)と共に工房を切り盛りし、36歳で工房の代表となっています。

 
39歳の時にはロマノフ王朝下でロシア皇室特別御用達に指名され、当時の皇帝アレクサンドル3世に依頼されイースターエッグを作るようになりました。

インペリアル・イースターエッグ
左上:Hen Egg(1885)、中上:Coronation Egg(1897)、右上・左下:Lilies of the Valley Egg(1898)、中下・右下:Fifteenth Anniversary Egg(1911)

 
Googleロゴはそんな彼のインペリアル・イースターエッグをイメージしたものになっていました。
(画像は2007年に90年の時を経て再開されたファルベルジェ工房[Link]より)

関連してるかもしれない記事

Pocket