iCal の時間フォーマットを24時間表示に変える方法(Mac OS 10.7 Lion)

2012.06.20

Minimalist Clock Screensaver

Mac OS 10.7 LionのiCalの初期設定は12時間表示。

普段はiPhoneやWindows Phoneから予定を入れることが多いのであまり気にしてなかったのですが、久しぶりにMacから入力しようとしたら、時間を入れて、さらにAMかPMかを入力してというのがちょっと面倒だったので設定を24時間表示に変更してみました。

 

システム環境設定の「言語とテキスト」
設定はiCalの環境設定でもなく、システム環境設定の「日付と時刻」でもなく、システム環境設定の「言語とテキスト」の中にあります。(なんとも分かりにくい)

 
書式タブから時刻のカスタマイズボタンをクリック
「言語とテキスト」を開いたら「書式」から時刻のカスタマイズボタンをクリックします。

 
時刻の表示方法を変更
数字の右側にある白い三角形をクリックして表示方法を変更します。最初の数字を「0-23」か「00-23」のどちらかを選べばOKで、私は「00-23」にしてみました。数字を全部変更したら「PM」表示も削除しておきます。

 
24時間表示の設定
こんな感じになりました。これで24時間表示の設定は完了です。

 
こうしておけばiCalに新しい予定を入れるときに、AMかPMのどちらかを選ばなくていいし、午前11時の予定を午後11時に間違って設定しちゃったりすることもないので、おすすめですよ。

関連してるかもしれない記事

Pocket