3DS用ソフト「世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神」の体験版が楽しいっ!

2012.06.23

世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神

Nintendo Directでデモ映像を見てから気になっていた「世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神」。

2012年7月5日の発売を前に製品版にセーブデータを引き継げる体験版が配信されていたので、早速ダウンロードしてみました。思っていた以上に楽しかったのでちょっとご紹介ー。

前作までをやってなかったので大丈夫かなと思っていたのですが、何の問題もなく楽しむことができたので、はじめての人も是非体験版を試してみてください。
(画像はすべてNintendo Directより)

 
世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神
「世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神」は冒険者たちが集う最果ての街・タルシスから始まる冒険RPG。その目的は、人々を永劫の楽園へと誘う何かが眠るという「世界樹」の真実を解き明かすことです。

 
世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神
背景には「ラピュタ」や「もののけ姫」の美術監督を努めた山本二三の美しい世界が広がります。

 
世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神
このゲームの特徴は「地図のない世界」で「自ら地図を作りながら進める」部分でしょうね。タッチペンで3DSの下画面に線を引いたり塗ったりしながら地図を作り、様々なダンジョンを攻略していく作りになっています。
(ダンジョン内の画面。左・上画面、右・下画面)

 

体験版なのであまり期待してなかったのですが、やってみてビックリ。ゲーム序盤を存分に楽しむことができるようになっていました。

製品版との違いは以下の通り。

・中断セーブができない(通常のセーブは可能)
・キャラクターのレベル上限が10
・一部の小迷宮に入れない
・BGMの音質が低め(※)
・キャラクターイラストの画質が低め(※)
※「体験版の容量いっぱいまで要素を詰め込みましたため、BGMとキャラクターイラストが、製品版とは若干異なります」(ディレクター・金田大輔氏)とのこと。
(ファミ通.com 2012.6.22)

マップ的には、小迷宮「森の廃鉱」、第1大地「風馳ノ草原」、迷宮「碧照ノ樹海(最初のフロア)」まで。だいたい製品版の30分の1ぐらいのボリュームになるのだそうです。

 

すれちがい通信はもちろん、QRコードでギルドカードの交換やギフト・クエストの入手ができるのも魅力的。ネット上にQRコードをアップしてカードを交換するなんていうのも面白そうだし、ファミ通.com[Link]ではさっそくゲームとタイアップしたアイテムを配っていたりもして、これからの展開が楽しみです。

 

体験版を楽しむ上での注意点

やってみて気がついたのですが「ギルド名」と「飛行船」は後から変更できません(キャラクター名は変更可能)。そしてキャラクターを選ぶときに「Y」ボタンを押すと髪の毛や肌の色が違うバージョンが選べるようになっているのでそのチェックも忘れずに。
特に体験版データを製品版に引き継ぐつもりの人は名前選びとパーティの見た目選びは慎重にするのがいいと思います。

 
世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神
そんなわけで冒険の旅に出ますよー。まずはこんな5人からスタートです。

 

3DSソフト 世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神

世界樹の迷宮IV

関連してるかもしれない記事

Pocket