英語を学ぶモチベーションを保つために私がしていること

2012.07.04

英語を学ぶモチベーション

ここ最近、英語を学ぶことがとっても楽しくなってきました。

語学力という意味では学べば学ぶほど足りないことばかりを実感する日々ですが、英語を学ぶぞーというモチベーションだけはかなりのものだと自負しています。

これまで英語を学ぶモチベーションを維持できなかった自分がこうなれたのはどうしてか、自分自身の整理も兼ねてちょっとまとめてみました。英語の勉強が長続きしないという人の参考になれば幸いです。

 

まず最初に目的や目標を具体的にすること

英語を学ぶ必要性という意味では、楽天のように「公用語だ。嫌なら辞めれば?」と言ってもらえたほうが逆に楽なのかもしれません。生活費のために勉強する。これはある意味最強ですからね。問題なのは、私のように特に学ぶ理由もなく、なんとなく「英語ができるようになったらいいなぁ」と思っている場合じゃないでしょうか。4月になるとNHKのテキストを買ってみたり、新しい教材が出れば試してみたりの繰り返し。10年かかってもドリッピーは家出から帰ってきませんでした。

 
そんな私の英語学習の意識を変えるきっかけになったのがこの文章。

If I wasn’t hard, I wouldn’t be alive.
If I couldn’t ever be gentle, I wouldn’t deserve to be alive.
(レイモンド・チャンドラー・Playbackより)

「タフじゃなくては生きていけない。やさしくなくては、生きている資格はない」という生島治郎の訳が有名ですが、hardを辞書で引いてみるとタフというよりは厳しいとか無情、冷酷というニュアンスが強く、私ならこう読まないなぁと思ったわけです。

 
翻訳したときに訳者の意見が入る可能性があるということを知ってからは、調べたことが翻訳された文章だと、原文を探してみることも多くなりました。そうなると英語がスラスラ読めるようになったら毎日が充実するだろうなぁと思うわけで。。
 
「英語を学ぶ」のが目的ではなく、自分の好奇心を満たすために「英語が必要だから」と思うようになったことは大きなターニングポイントだったと思います。

 

毎日の生活の中から日本語を減らしてみたら。。。

どうせソースを探して英語の文章を読むことになるのならと、あるときから日本語のニュースサイトを読むのを辞めてみました。TwitterやFacebookで気になったものは日本語で読みますが、普通のニュースはBBCやThe Japan Timesなど英語で書かれたものを読むようにしてみたわけです。
 
読んでみると、事実は小説より奇なりを地で行くような猟奇殺人事件から、動物の赤ちゃんの話まで、日本ではあまり大きく扱われない記事の中にも個人的に興味を惹かれるものがいっぱい。
 
当たり前ですが日本語で読むようにサクサクと読めないわけで、そのイライラがいい感じに「英語を学ぶ」モチベーションとなっています。

 

子どもたちが日本語を学ぶ姿から学ぶこと

わが家には8歳の男の子と4歳の女の子がいるのですが、彼らを見ていると、言葉を学ぶということがどういうことなのかなんとなく見えてくるようになりました。「わかってなくても適当に使う」「読めなくても読む」「知らない言葉は別の言葉で理解する」その繰り返し。
 
そして吸収力の早い子どもの脳でこれだけ時間がかかるなら、なかなか語学が身につかなくても当たり前だなぁと思ったわけです。じっくり向きあって5年、仕事しながらだと満足できるレベルになるのに10年はかかるのかもしれません。

 

大事なのはとにかくなんでもいいから毎日英語に触れること

海外旅行から帰ってきたときのような「英語ができなくて悔しい」気持ち。英語を学ぶ上でこれ以上のエネルギーはないんじゃないかと思います。とにかく英語に毎日触れて、できなくて悔しい気持ちをいつも新鮮な状態に保つようにしています(笑)。

 
私が最近よく使っているものたち

ニュース情報サイト
・BBC News 世界のニュースが満載。ラジオストリーミングも充実
・The Japan Times 1897年創刊。現存する日本最古の英字新聞社
・Engadget デジタル系ニュースサイト
・National Geographic 自然科学系ニュースサイト
・OS X Daily AppleのニュースやTips情報サイト

英語教材・書籍
・Rosetta Stone 英語学習教材
・Basic Grammar in Use(CD-ROM) 英語で書かれた英語の文法書。中学英語レベル
・1日1分レッスン!TOEIC Test 英単語、これだけ 重要単語330個を収録。例文もたくさん入っています
・Magic Tree House いろんな時代や場所を旅する物語。やさしい英語だけで書かれています
・How to Train Your Dragon 映画「ヒックとドラゴン」原作

iPhone/iPadアプリ
・Longman Dictionary of Contemporary English ロングマン英英辞典
・英語組み立てTOWN 単語を並べて文章を作るゲーム。スピード勝負で燃えます

その他
・hulu 動画配信サイト。これまでに見た中では「LOST」「Kyle XY」「HEROS」が聞き取りやすくてオススメ
・Twitter 英語だけのアカウントを作ってニュースや気になる人をウオッチ

 
とにかくいろんなものをちょっとずつという感じで、難易度は低いほうが続けやすいかも。英語になっている日本のマンガもいいと思いますが、買うなら知らない話のほうがオススメ。huluは仕事中に流したりもして、ちょっとしたBGVがわりにも使っています。

関連してるかもしれない記事

Pocket