Googleロゴ「マリア・モンテッソーリ」

2012.08.31

マリア モンテッソーリ 生誕 142 周年

8月31日はイタリアの医師・教育者のマリア・モンテッソーリの誕生日。Googleロゴもマリア・モンテッソーリになっていました。

1870年8月31日にイタリア中央部にあるマルケ州で生まれたマリア・モンテッソーリ。5歳のときにローマへと移り住みました。

20歳でローマ大学医学部に女性としてはじめて入学。26歳でイタリア初の女性医師となりました。

 
その後、ローマ大学付属精神病院で医師として働き始めたマリア・モンテッソーリは、知的障害を持つ患者に指先を動かす玩具を与える治療を試みて知能が向上することを発見。27歳のときに発表した論文でイタリアの教育界や医学界で一躍有名になっています。

このときの感覚教育法にさらに磨きをかけて生み出されたのが「モンテッソーリ教育」と呼ばれる独自の幼児教育法。36歳のときに「子どもの家(Casa dei bambini)」で実践しはじめると、その方法は世界各国で支持され、賛同者たちによって世界各地に「子どもの家」が作られました。

 

彼女の名言からいくつかご紹介。原文はイタリア語ですが、英語に翻訳されたものとそれをさらに日本語に翻訳したものです。(拙訳)

Never help a child with a task at which he feels he can succeed.
子どもができると思っている作業を絶対に助けてはいけない。

The first idea the child must acquire is that of the difference between good and evil.
最初に子どもが学ぶべきことは良いことと悪いことの間にある違いです。

The greatest sign of success for a teacher… is to be able to say, “The children are now working as if I did not exist.”
教師最大の成功の証は「まるで私が存在しないかのように、子どもたちが取り組んでいる」と言うことができるでしょう。

 
イタリア1000リラ紙幣
ユーロに切り替わる前のイタリア1000リラ紙幣が彼女の肖像。裏はその学習風景となっていました。

 

Googleロゴはマリア・モンテッソーリが生み出した知育玩具がモチーフ。
Googleロゴのモチーフになった玩具たち

砂文字板
つるつるの木の上に砂で文字がプリントされている板。さわることで文字を認識できるようになっています。

はめこみパズル
形を認識してはめこむパズルです。

色ビーズ
1から9までの数がそれぞれの色のビーズで表現されていて、足し算の練習が感覚的に出来るようになっています。

はめ込み円柱
円柱を同じ大きさの穴にはめ込むことで、視覚、触覚の成長を促します。

三項式
立方体と直方体の計27個を積んでいき、(a+b+c)といった三項式を感覚的に学べるようになっています。

実際にある玩具にかなり忠実に再現されていました。

関連してるかもしれない記事

Pocket