砂浜と岩場と絶景と。。。「城ヶ島」で海を満喫してきました

2012.10.12

城ヶ島公園第一展望台から海へ

車に乗ってどこかに遊びに行きたいなー。

と息子(9歳)が言うので、レンタカーを借りて「城ヶ島」へ行ってみることにしました。

当日の天気予報は残念ながら雨のち曇りでしたが、12時の降水確率が0%だったので、これなら行けると踏んで9時ごろに自宅を出発。保土ヶ谷ジャンクションで渋滞に引っかかったものの11時半には城ヶ島へと到着しました。

 

11:30
城ヶ島公園入口
城ヶ島公園第一駐車場に車を止めていざ城ヶ島公園へ。慣れない車酔いで戻してしまった娘(4歳半)も到着した途端にハイテンション。息子と二人でひたすら公園内を走りまわってました。

 

12:00
海水溜まりで遊ぶ息子
第一展望台横の階段を降りた先にある岩場に到着するやいなや、サブサブと海水溜まりに入っていく息子。えーともう10月なんですが。。。(笑)
 
海水溜まりで遊ぶ息子
気がつくと肩まで浸かりながら、魚やエビを追いかけていました。

 

12:30
岩にぽっかり空いた穴を行くずぶ濡れの息子
岩にぽっかり空いた穴をくぐったり、ずぶ濡れの息子を着替えさせたりしながら安房埼灯台を目指します。
 
貝殻だらけの入江
灯台まであと少しというところで貝殻だらけの入江に到着。黒い岩とピンクの貝のコントラストは圧巻でした。二枚貝は割れているのが多く、子どもたちには宝貝が人気。

 

13:00
安房埼灯台
タイルの外壁が印象的な安房埼灯台
安房埼灯台へ到着。タイルの外壁が印象的な灯台です。

 

13:15
城ヶ島公園ピクニック広場より大島を望む
天気が回復し時々晴れ間がのぞくようになってきたころ、ピクニック広場に到着。キラキラ輝く海の向こうに大島を眺めながら、持ってきたお弁当でお昼ごはん。その後子どもたちはピクニック広場の傾斜した芝生の上をゴロゴロと転がりながら楽しんでいました。

 

14:00
城ヶ島ハイキングコース
駐車場に戻って荷物を置いてから今度は緑がいっぱいの「城ヶ島ハイキングコース」を西へ。
 
ウミウ展望台からの眺め
ウミウ展望台からの眺め。冬にはこの岩壁にウミウが大集合するのだとか。

 

14:30
馬の背洞門近くの海岸
急な階段を下って海岸へ。ちょうど一番潮が引いた時間帯です。
 
馬の背洞門
巨大な「馬の背洞門」。崩れやすいのであまり近づくなとの表示がありました。

 
磯でカニを探す子どもたち
カニとヤドカリ
子どもたちはタコ糸にさきイカをつけてカニ釣りに夢中。カニやヤドカリをつかまえることができましたよ。

 

15:00
赤羽根海岸
きた道を戻りつつ、反対側の「赤羽根海岸」へ。
 
赤羽根海岸は黒い大粒の砂でできています
大粒の黒い砂がとても気持ちいい砂浜でした。
 
まるでプライペートビーチ
まるでプライペートビーチ
時々人が降りてくるものの、何もないと分かるとすぐ帰ってしまうので家族だけで1時間独占状態。まるでプライペートビーチのようでした。

 

16:30
城ヶ島を出発。せっかくなので夕日を眺めながら134号線を葉山方面へ。逗葉新道を通って帰宅しました。帰りは特に大きな渋滞にハマることもなく19時前には自宅に到着ー。思っていた以上に楽しい1日となりました。曇から晴れまでいろんな表情の海が見れたのも良かったですね。

 

今回の城ヶ島探索ルート
今回の城ヶ島探索ルート
合計で4キロぐらい歩いた計算です。

 

今回掛かった費用
掛かった費用はレンタカー代を含めて10,725円。食べ物と飲み物は家から持って行きました。
・行き:第三京浜道路玉川ICより三浦縦貫道路衣笠IC 1,300円(城ケ島大橋通行料金含む)
・帰り:逗葉新道より第三京浜道路玉川IC 850円
・駐車場代:城ヶ島公園第一駐車場 420円
・レンタカー:日産ティーダ12時間 6,195円(チャイルドシート525円含む)
・ガゾリン代:1,960円
ETCの休日割引があったので普段より1,000円ぐらい安くなっています。

 

今回のおみやげ
城ヶ島公園のおみやげ

関連してるかもしれない記事

Pocket