60秒で何問解ける? iPhone・iPadで楽しむ無料の英語クイズアプリ「60 Second Word Challenge」

2012.11.16

60 Second Word Challenge

英語のボキャブラリーを学ぶにはぴったりの早押し4択クイズゲームです。

英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシル(British Council)が出しているiOS用のアプリ「60 Second Word Challenge」がなかなか面白かったのでご紹介ー。

 

60 Second Word Challenge
アプリを立ち上げると重厚感たっぷりのスタート画面。スタートボタンを押すと「食」「旅」「ちょっとした話」「趣味」「慣用語・熟語」「自己紹介」「映画・テレビ・テクノロジー」「仕事」「気楽に話す」「買い物」の10種類の項目が現れるので、好きなモノと難易度を選んでゲームスタート。

 

60 Second Word Challenge
ちょっとクイズ$ミリオネア風味の4択画面。Easyモードだと持ち時間は1問につき8秒間。答えるまでの時間によって手に入る点数は変わっていきます。間違えると-2点。8秒の間に答えられないと次の問題へ。
60秒でゲーム終了。得点と答え、解説画面に切り替わります。

 

クイズ自体は「車に乗ったまま食事を注文するところは?」とか「甘いの反対は?」といった簡単なものから、「ポテトと肉で作るパイのことを何パイって呼ぶ?」といったイギリスの常識を試されるちょっと難しいものまで様々。

実際に使ってみると、クイズの難易度より、英語で出題される問題と答えの4択を8秒間で把握するのが大変でした。Mediumモードの持ち時間は7秒、Hardモードだとたったの6秒。もちろん難易度に合わせて問題も難しくなっていきます。

 
各項目ごとに60問、合計で600問が詰まったこのアプリ。1回たったの60秒なので、英語の勉強はもちろん、ちょっとした待ち時間の暇つぶしにもオススメですよ。

 

60 Second Word Challenge
60 Second Word Challenge

関連してるかもしれない記事

Pocket