Googleロゴ「Doodle 4 Google グランプリ」2012

2012.12.03

Doodle 4 Google グランプリ作品

今日はDoodle 4 Googleグランプリ掲載日。GoogleロゴはDoodle 4 Googleグランプリ作品でした。

Doodle 4 GoogleとはGoogleが主催する小学生から高校生を対象としたロゴデザインコンテスト。

今回のコンテストのテーマは「100年先の未来」で、全国から集まった10万点を超える作品の中から加藤鮎美の作品「Next Our Home」 がグランプリに選ばれ、掲載されました。

 
各部門の最優秀作品は以下の4作品。

 

小学校1~3年生部門
Doodle 4 Google 2012 小学校1~3年生部門最優秀作品
うちゅうじだいがくるぞ(竹本遥希)
100 年たったら、ちきゅうとどせいがちかくになって(うごかして)すぐいけるようになっています。月もどせいもほかのほしもいきたくなったら、しゅんかんいどうですぐいけます。

 

小学校 4-6 年生部門
Doodle 4 Google 2012 小学校4~6年生部門最優秀作品
世界中の人々が仲よしな未来(鈴木友也)
今でも、世界中で戦争がたえません。100 年後には、戦争がなくなって世界中の人々が 手をつなげるような世の中になると良いなと思って描きました。

 

中学生部門
Doodle 4 Google 2012 中学生部門最優秀作品
Frontier Spirit(竹森健人)
タイトルの「Frontier Spirit」とは日本語の「開拓者精神」を示します。この作品は現代の人たちの「開拓者精神」によって、機械都市と大自然の融合。そして、花火などの伝統。 ホタルやキリン、ゾウなどの生命体。野菜などの食料も豊かな未来が切り開かれたことを 描いています。

 

高校生部門
Doodle 4 Google 2012 高校生部門最優秀作品
Next Our Home(加藤鮎美)
いつの日か人類がほかの星に進出して電車で気軽に行き来出来るようになったらと思い、形に描いてみました。 帰りに見える美しい地球を「私たちのふるさと」として忘れずにこれから先未来もずっと守り続けてほしいです。

 

個人的なお気に入りは特別審査員賞にも選ばれた小学6年生・加藤なつめの「地球と月をつなぐジェットコースター」。
Doodle 4 Google 2012 地球と月をつなぐジェットコースター
宇宙エレベーターならぬ宇宙ジェットコースターで行く月旅行はとっても楽しそうです。

(viaDoodle 4 Google

関連してるかもしれない記事

Pocket