Googleロゴ「エイダ・ラブレス」

2012.12.10

エイダ ラブレス 生誕 197 周年

12月10日はコンピュータ・プログラムの母、エイダ・ラブレスの誕生日です。

1815年12月10日、イギリスの詩人ジョージ・バイロンの娘として生まれたオーガスタ・エイダ・ラブレス(Ada Lovelace:旧姓バイロン)。

生後1ヶ月で父が去り、母と祖父母の元、何人かの家庭教師に数学や科学を教えてもらいながら育ちました。
機械式汎用コンピュータ・解析機関(analytical engine)の設計者・チャールズ・バベッジと出会うのは16歳のころ。バベッジを師と仰ぎ、様々な専門知識を身につけていきました。

 
18歳でウィリアム・キング男爵(のちのラブレース伯爵)と結婚。3人の子どもをもうけています。

 
彼女が有名になるきっかけとなる「Sketch of the Analytical Engine Invented by Charles Babbage(チャールズ・バベッジによって発明された解析機関のスケッチ)」を書き起こしたのは28歳ごろ。その中でベルヌーイ数を求める世界初のコンピュータプログラムを記述したことから「コンピュータ・プログラムの母」と呼ばれるようになりました。
(実際にはチャールズ・バベッジの作ったプログラムをコーディングしただけという説が有力です)

 

Googleロゴはそんな彼女の誕生を記念して、彼女の書いたコードが現在のコンピュータへとつながるイラストになっていました。

関連してるかもしれない記事

Pocket