Game Pad さえ手元にあればなんでもできる新体験。「Wii U」楽しいー

2012.12.28

Wii U

据え置き型の家庭用ゲーム機を買うのはPS2以来だから、なんと12年ぶり。

ピクミン3のデモ映像を見た時から気になっていた「Wii U」を買ってみました。

 

Wii U と Wiiリモコン追加パックのパッケージ
白が欲しかったのでもう何も考えずにベーシックセットを購入。Wii は持ってなかったので、本体とは別に、コントローラーとヌンチャクとセンサーバーがセットになった「Wiiリモコン追加パック」を2つ買いました。センサーバーが1本余計だけど、トータルでこっちが安かったのでこんなチョイスに。「Wiiリモコン追加パック」のパッケージはすっかり Wii U 仕様に切り替わっていました。

 

Wii U Game Pad
Wii U のコントローラー「Game Pad」は思っていた以上に大きく、でも、持ってみると想像以上に軽い印象。

 

Wii U、iPad、3DS のサイズ比較
Wii U と iPad、3DS で大きさ比較。Wii U の画面サイズ(6.2インチ)はちょうど 3DS 本体のサイズと同じぐらいでした。

 

Game Pad で出来ること
Game Pad の電源ボタンで Wii U 本体の電源の ON/OFF ができるだけでなく、テレビのリモコンとしても使うことが出来るようになっています。リモコン機能は Wii U の電源を入れなくても使えるようになっていたり、テレビの入力切替にも対応していました。

 

New スーパーマリオブラザーズ U
まずはとにかくゲーム!ということで、本体更新は後回しにして「New スーパーマリオブラザーズ U」をプレイ。私と息子(9歳)がプレイヤーで娘(4歳)がバディ役という感じで遊んでみました。

「ブロック置いて置いて」「そこじゃなくもっと上」「ジャンプしたら落ちる前にブロックを置いて欲しいの!」と息子から娘への要求がどんどんシビアになったり、あー落ちたーと思ったところにブロックが現れて命を救われたりと、新しいマリオはバディプレイで全然別のゲームに生まれ変わった印象。正直マリオはもうやり尽くした感があったんですが、この新しい形の複数人プレイは長く楽しめそうです。

 

Wii U 更新中
ひと通りマリオを楽しんだあとで本体更新。40分ぐらい待たされてやっと完了です。Mii を作ってみたり、ニンテンドーネットワークID を作ってみたりしたところメニュー画面のレスポンスが悪く、かなりイライラしました。今後改善されるとのことですが、これはちょっとひどすぎだと思います。

 

個人的に一番よかったところは、テレビや Wii U 本体の電源のオンオフが Game Pad でできるようになったこと。そんなとこかよ(笑)。って感じですが、使えば使うほどじわじわきます。テレビやインターネットを見たり、ゲームしたりしたいときに、Game Pad さえ手元にあればなんでもできるというのは、これまで、できそうでできなかった新体験なのかもしれません。

 
手元と遠くにある2画面が連動するという Wii U の仕組みそのものには今後に期待。使っているとなにかものすごい可能性を予感させるのですが、マリオではまだその一部分しか生かしきれてない気がします。

 

Wii U ベーシックセット
Wii U ベーシックセット

関連してるかもしれない記事

Pocket