ちょっとお出かけするとき用に、吉田カバンの「ポーター・スモーキー・ウエストバッグ」を買ってみました

2013.01.13

ポーター・スモーキー・ウエストバッグ

ジーンズのポケットに携帯電話とお財布だけいれてちょっと街まで。

数年前まではそれが当たり前だったのに、気がつけばスマートフォン2台持つようになって、外出先で取引先と電話しながら、送られてきた仕事の資料を iPhone で見るような、ややこしい毎日になってしまいました(笑)。

 
でも、ぶらりと本屋に出かけたりするときにしっかりした鞄を持っていくのは嫌だし、子どもと出かけるときには両手が自由になるほうがいいし。。

そんなわけで割と長いことそれを解決する何かを探していたのですが、今回、吉田カバンの「ポーター・スモーキー・ウエストバッグ」を買ってみたのでご紹介ー。

 

ポーター・スモーキー・ウエストバッグ
PORTER SMOKY WAIST BAG(品番:592-07507)。サイズはW240×H140×D50ミリ。吉田カバンオリジナルのコーデュラダック生地で、色はシックな墨黒です。

 

ポーター・スモーキー・ウエストバッグ
フロント側のフラップの裏は2つに分かれていて、小物がしまえるようになっています。とりあえずスマートフォンや Canon PowerShot S110 を入れて写真を取ってみましたが、サイズ的に微妙。フラップはスナップボタンで留めるようになっているのですが、カメラやスマートフォンに押し付ける形で留めることになるので、傷つきそうな気がしてちょっと気になりました。

 

ポーター・スモーキー・ウエストバッグ
メイン開口部。ちょっとハード目のジッパーがなかなかの存在感。フロント、バックに小分けポケットが付いているのでガジェットたちはこっちにいれるのが良さそう。大きめな洋書もすっぽり収まりますが、文庫本がタテに入らないのが残念。寸法的には iPad mini や Kindle Fire などの7インチタブレットも入ると思います。

 

ポーター・スモーキー・ウエストバッグ
ちょっと太めのバックルはつけたり外したりが楽々。この手のウエストバッグには必ずついてるベルトサイドのポケット(ベルクロ留め)もちゃんとついていました。

 

ポーター・スモーキー・ウエストバッグ
スマートフォンにデジカメ、本や小銭入れをいろいろ詰め込んでみたところ、このぐらいまではメインの開口部だけで収まりました。これだけ入ればちょっと街中をウロウロするのには十分。
500ミリのペットボトルぐらいなら入っちゃうし、しっかりと背中にホールドされるので、自転車で出かけるときにも便利です。

 

ポーター・スモーキー・ウエストバッグ
吉田カバン ポーター・スモーキー・ウエストバッグ

関連してるかもしれない記事

Pocket