Googleロゴ「バレンタインデー」2013 &「ジョージ・フェリス」

2013.02.14

バレンタインデー、ジョージ フェリス 生誕 154 周年

2月14日はバレンタインデー。そして機械式観覧車の生みの親、ジョージ・フェリスの誕生日。

Googleロゴはバレンタインとジョージ・フェリスがセットになったロゴになっていました。

 

1859年、アメリカ・イリノイ州に生まれたジョージ・ワシントン・ゲイル・フェリス・ジュニア。

17歳でカリフォルニア・ミリタリー・アカデミーを卒業すると、ニューヨークのレンセラー工科大学へ入学。土木工学を学んでいます。

卒業後は鉄道の橋やトンネルの建設に従事。G.W.G. Ferris社を立ちあげました。

 
シカゴ万博の総指揮者で建築家のダニエル・バーナムと組んでエッフェル塔を超える巨大建築物のデザインに取り掛かったのが32歳のとき。水車からヒントを得て機械式観覧車を生み出しました。

 
フェリス・ホイール
コロンブスアメリカ発見400周年を記念して開催されたシカゴ万博の目玉となった「フェリス・ホイール」。高さ80メートル(264フィート)の巨大な機械式観覧車には一度に2000人が乗ることができたのだとか。

 

Googleロゴはそんなジョージ・フェリスが作った観覧車がモチーフ。2つの観覧車を回すと動物たちがカップルになるようになっていました。

バレンタインデー、ジョージ フェリス 生誕 154 周年
カバとアメリカンロビンのカップルは楽しく雪遊び。
他にはタコ、クマ、馬、トラ、猿、ゾウ、あひる、ビーバー、カメレオン、うさぎ、イルカなどいろんな動物たちが出てきます。

 
バレンタインデー、ジョージ フェリス 生誕 154 周年
なぜかカップルになれなかった狼さんは一人さびしくテレビを見るようですよ(笑)。

 
サムネイル画像もキュートでした。
バレンタインデー、ジョージ フェリス 生誕 154 周年

関連してるかもしれない記事

Pocket