乗るだけでWEB上に記録できる体重計「fitbit Aria Wi-Fi Smart Scale」を買ってみました

2013.03.31

fitbit Aria Wi-Fi Smart Scale

体重計を買うのはなんと15年ぶり。

15年前に買ったタニタの体重計もまだまだ元気なのですが、息子が少しふっくらしてきたし、妻と私はあちこちについた贅肉が気になるようになってきたので、ちょっと体重管理に力を入れてみようかなと以前から気になっていたネットワーク対応型の体重計「fitbit Aria Wi-Fi Smart Scale」を買ってみました。

 

fitbit Aria Wi-Fi Smart Scale
日本では並行輸入品しか売ってないのでアメリカの Amazon からの個人輸入(送料込み154.86ドル)。ちょうど2週間で到着しました。
似たような機能の体重計 Covia(Withings)「WiFi Body Scale」と比べてこちらを選んだのは、もう単にデザインの好み(笑)。近いうちに活動量計の「fitbit one」か「fitbit FLEX」も購入してみようかなと思っています。

 

fitbit Aria Wi-Fi Smart Scale
箱を開けると「Hello.」の文字が。こういうの好きw

 

fitbit Aria Wi-Fi Smart Scale
ガラストップのシンプルで高級感のある外見に大満足。写真などで気になっていた体脂肪率用の電極部分がもう少し目立つのかなと思っていましたが、実際にはガラスの反射であまり目立ちませんでした。

 

fitbit Aria Wi-Fi Smart Scale
背面はつや消しのプラスチックで、電池ボックスには使う前に引きぬくタグがついていました。単三電池4本はもちろん付属済み。簡単な説明書(右上)とぺらっとした注意書きシール(右下)がついてましたが、基本的にはネットで見てねという潔い内容になっていました。

 

fitbit Aria Wi-Fi Smart Scale
fitbitのホームページからセットアップ用のアプリケーションをダウンロードしたら、fitbitのアカウントを作って、「fitbit Aria Wi-Fi Smart Scale」をネットワークに接続します。

 

fitbit Aria Wi-Fi Smart Scale
あっという間にセッティングが完了。あとは家族それぞれのアカウントを作って設定するのですが、それぞれにメールアドレスが必要なのがちょっと面倒かな。登録できるのは8人までです。

 
設定が終わればあとはもう単純に体重計に乗るだけ。2〜3秒で体重と体脂肪を記録して Wi-Fi ネットワーク経由で WEB に勝手に記録してくれます。どういう仕組みになっているのかは謎ですが、体重計に乗った個人を識別してくれるので、乗る前に特に何かをすることもありませんでした。
誤算だったのは、注意書きに「10歳未満の子ども用としては作られてない」とあったことですが、9歳の息子(体重33キロ)は特に問題がなく、5歳の娘の体脂肪が測れなかっただけなのでまあいいかな。

 
WEBに貯まったデータは iPhone や PC からグラフ化して見ることができるようになっているのでデータが貯まるのが今から楽しみです。

 

fitbit Aria Wi-Fi Smart Scale white fitbit Aria Wi-Fi Smart Scale black
・fitbit aria Wi-Fi Smart Scale(ホワイト)並行輸入品
・fitbit Aria Wi-Fi Smart Scale(ブラック)並行輸入品

関連してるかもしれない記事

Pocket