Googleロゴ「レオンハルト・オイラー」

2013.04.15

4月15日はスイス生まれの数学者で物理学者のレオンハルト・オイラーの誕生日。Googleロゴもレオンハルト・オイラーになっていました。

1707年4月15日、スイス・バーセルで牧師の息子として生まれたレオンハルト・オイラー(Leonhard Euler)。生まれてすぐに家族でリーエンに移り、そこで3人兄妹の長男(妹が2人)として育ちました。

子どものころから、父の友人で有名な数学者のヨハン・ベルヌーイ(Johann Bernoulli)の影響をうけ、家族と離れ、祖母のいるバーセルへ。13歳でバーセル大学に入学、哲学を学びながら週末はベルヌーイの数学を学ぶという生活を続け、16歳で哲学のマスター(修士)になっています。

 
その後、19歳でロシア・サンクトペテルブルクのロシア帝国科学アカデミー(Imperial Russian Academy of Sciences)、34歳でドイツ・ベルリン・アカデミー(Berlin Academy)に赴任。59歳でまたロシアへ戻り、数学、幾何学、物理学など多くの分野で業績を残しています。

 

Googleロゴはそんなレオンハルト・オイラーのいろんな業績を反映したロゴに。
レオンハルト オイラー 生誕 306 周年
「オイラーの多面体定理(Euler’s polyhedron formula)」「ケーニヒスベルクの問題(Seven Bridges of Königsberg)」「エルマーのこま」「オイラーの公式(Euler’s formula)」「オイラーの等式(Euler’s identity)」が散りばめられたロゴになっていました。

関連してるかもしれない記事

Pocket