Googleロゴ「セーレン・キェルケゴール」

2013.05.05

セーレン キェルケゴール 生誕 200 周年

5月5日はデンマークの思想家・セーレン・キェルケゴールの誕生日。Googleロゴもセーレン・キェルケゴールになっていました。

1813年5月5日、デンマーク・コペンハーゲンで裕福な家庭に生まれたセーレン・キェルケゴール(Søren Kierkegaard)は7人兄弟の末っ子として育ちました。

17歳でコペンハーゲン大学の神学部の入学したものの、神に呪われた人間と思い込んでいた父ミカエルの思想を色濃く受け継いだため一時神学から離れ、快楽に溺れる生活へ。なんとか立ち直り10年かけて神学部を卒業しています。
 
27歳のときに10歳年下のレギーネ・オルセンと婚約しましたが、1年で破棄。その理由はいまだに不明で、研究者たちの大きな関心の的となっています。

 
30歳で哲学書「あれか、これか(Enten-Eller: Et Livs Fragment)」を出版し有名に。その後10年ほどの間に「不安の概念」「死に至る病」など多数の哲学書を世に送り出し、その後の実存主義の先駆けとなっています。

 

彼の言葉からいくつかご紹介。

Life can only be understood backwards; but it must be lived forwards.
人生は後からでないと理解できないが、前を向いてしか生きられない。

Marry, and you will regret it; don’t marry, you will also regret it.
結婚したまえ、君は後悔するだろう。結婚しないでいたまえ、君は後悔するだろう。

Despair is the Sickness unto Death
死に至る病とは絶望のことである。

Man is spirit. But what is spirit? Spirit is the self. But what is the self? The self is a relation which relates itself to its own self.
人間は精神である。精神とは何か? 精神とは自己である。自己とは何か? 自己とは自分自身にかかわる一つの関係である。

関連してるかもしれない記事

Pocket